ブログ
- アスタキサンチンと美容 -
1月 7, 2019 9:50 am

体の中から若返ろう!

 

 

近年、健康に良いと話題になっている

「アスタキサンチン」ですが、

美容効果も高い事をご存知でしょうか?

 

アスタキサンチンには抗酸化作用が

含まれており様々な美容商品にも

使われおり、全身の若返り

効果が期待できると言われています。

 

そんなアスタキサンチンを

効果的に摂取し、老化を防いで

体の中から若々しくなりましょう!

 

 

 

アスタキサンチンとは?

 

アスタキサンチンとは

「海のカロテノイド」と呼ばれ、

赤色が特徴的な天然色素成分の

一種の事を言います。

 

鮭は真っ白の体で生まれてくる

ことをご存知でしょうか?

鮭の一生は川の上流で生まれ、

海に移動して広い海を回遊し

産卵のために川の流れに逆らい

故郷の川を遡ります。

 

大変厳しい環境で育ち、

ストレスをたくさん浴びていると

考えられますが、その過酷な

運命に立ち向かうべくレジエンスパワーを

蓄えるために、アスタキサンチンを

多く含むオキアミを餌にして取り入れ、

筋肉に溜めていく事で自分自身の

体も赤くなってきます。

 

この赤い色素こそが、

アスタキサンチンなのです。

鮭は長い旅の果てに生まれた

故郷の川に戻り、アスタキサンチンを

卵に引きついてその生涯を

終えると言われています。

 

浅瀬で生まれた卵は、

強い紫外線にさらされる事になりますが、

このアスタキサンチンによって

そのダメージから卵を守る事が出来るのです。

 

アスタキサンチンは様々な私たちの

身近な食材に多く含まれており、

健康・疲労回復・美肌などに

高い効果がある事で近年話題と

なっています。

 

 

 

 

アスタキサンチンが

多く含まれている食材

 

 

 

アスタキサンチンを多く含む

代表的な食べ物は下記の通りです。

・サケ

・金目鯛

・メバル

・キンキ

・エビ

・いくら

・かに

 

エビ・かに類の甲殻類の甲羅には

多くのアスタキサンチンが

含まれていると言われており、

甲殻類の中でも桜エビは含有量が

多い上に手軽に殻ごと摂取出来るので、

ふりかけなどの保存食として

常備しておくのがおススメです。

 

金目鯛・キンキ・メバルのなどは、

皮の部分にアスタキサンチンが

多いとされているので焼き物や

煮つけに調理をし、皮ごと

摂取するのが良いでしょう。

 

 

 

意外にもアスタキサンチン

を含まない食べ物

 

 

 

赤身であるためにアスタキサンチンが

入っていると間違えらえやすい

食材として、カツオ・マグロなどが

挙げられます。

 

一見、アスタキサンチンを

含んでいるように見えますが、

この赤色はミオグロビンという

色素の働きによるものであり、

アスタキサンチンとは別成分と

なるので注意が必要です。

 

「加熱しても赤い」「加熱すると赤くなる」

というのがアスタキサンチンを

含んでいるかどうかを

見分ける大きなポイントとなります。

 

 

 

アスタキサンチンの効果

 

 

アスタキサンチンが

話題となっている理由は、

抗酸化作用が強力である

という事が一番大きいです。

 

抗酸化作用は体内に出てくる

活性酸素を除去してくれる

効果を持っています。

 

活性化酸素とは、本来は体内の

細菌を殺菌する役割を持っており

適量であれば体に良いものですが、

量が多いと殺菌作用が強すぎて

体内でコレステロールや

中性脂肪などの脂質を攻撃したり、

細胞を酸化させてダメージを

与えて過酸化脂質を作り出してしまいます。

 

そうすると体にサビが出来てしまい、

老化を早め生活習慣や肌トラブル

などの様々な問題を引き起こしてしまいます。

 

そんな時にアスタキサンチンを

摂取する事で、活性化酸素を

除去する事が出来体内の環境を

整える事が可能です。

 

抗酸化作用を持つ食材は多く

存在していますが、そんな成分の中でも

アスタキサンチンは並外れた

抗酸化力を持っています。

 

アスタキサンチンは同じく

抗酸化作用をもつビタミンEの

500~1000倍

β-カロテンの約100倍とも言われています。

 

 

 

アスタキサンチンの美容効果

 

 

 

アスタキサンチンには

高い美容効果が期待出来ます。

 

肌の悩みの根本原因から

防いでくれる役割をもっているので、

継続して摂取することで

更なる効果が期待出来ます。

 

・アンチエイジング

アスタキサンチンの代名詞とも

いわれているのがアンチエイジングです。

 

肌だけではなく、全身の老化防止に

効果があると言われており、

様々な病気や老化による

トラブルを防ぐことが出来ます。

 

若々しい肌や身体をいつまでも

保ちたい!という人は

アスタキサンチンを継続して

摂取していく事が効果的です。

 

・美肌効果

アスタキサンチンには

保湿効果があるので、

肌の乾燥が気になる人にも

おススメです。

 

アスタキサンチンは単体で

働くだけでなく様々な成分に

相乗効果をもたらしてくれるので、

日々減少していくコラーゲンや

エラスチンなどの生成を助け、

美肌維持にも効果があります。

 

 

・紫外線によるダメージ防止

紫外線を浴びると体内で

活性酸素が大量に発生し、

様々な肌トラブルやダメージを

引き起こしてしまいます。

 

しかし、アスタキサンチンの

活性酸素除去効果によって

紫外線によるダメージを防ぎ、

軽減する事が可能です。

 

 

・美白効果

アスタキサンチンには、

シミの原因であるメラニンの成分を

抑制する美白作用があることが

明らかになり、化粧品にも

多く含まれています。

 

 

・ダイエット

アスタキサンチンには運動時に

脂肪燃焼を効率化させる働きが

あると言われています。

 

ある実験では、2匹のマウスに

同じ高脂肪の料理を食べさせたところ、

アスタキサンチンを摂取している

マウスは体重増加がなかった

とされており、内臓脂肪の蓄積が

軽減したという報告もあります。

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket