ブログ
- お風呂美容法と美容鍼 -
11月 24, 2018 9:48 am

 

毎日のお風呂タイムを

有効活用しよう!

 

1日の疲れを癒すお風呂タイム・・・。

 

リラックス出来るとても貴重な時間ですよね!

 

でも・・・

ボーっと入っているのは

実はとてももったいない事を

ご存知でしょうか?

 

実はお風呂タイムは、

お肌にとっても大切な時間なのです。

 

毎日のお風呂タイムを有効活用して、

キレイを手に入れましょう!

 

 

美容効果を高める

お風呂の温度・時間

 

お風呂美容法では、

お風呂の入り方そのものによって

美容効果が異なるので、

目的別に最適な温度や入浴法を

使い分けていくと効果的です。

 

 

・低温でリラックスして

 ストレス解放(微温浴)

 

お風呂ではゆっくり長時間入浴したい!

という人も多いですよね。

 

その場合、

体温より少し高い37~39度の

ぬるめのお湯が最適です。

 

ぬるめのお湯は長時間入っていても

体への負担が少なく、

ゆっくりとお風呂に浸かる事で

副交感神経の働きを高める事が出来、

とても高いリラックス効果を

得る事が出来ます。

 

読書などをしながらゆっくりと過ごし、

入浴時間は20分以上の長めが良いと

されています。

 

ぬるめのお湯での長時間の入浴は、

疲労効果が高いので

特に疲れている日のリラックスタイムに

最適です。

 

 

・血行促進でむくみを解消(中温浴)

 

39~42度の温かいお湯につかる事で、

身体を温めて血流を促進し

発汗によって水分を出す効果が期待できます。

 

発汗によって水分を出す効果が高い温度の為、

浮腫みの解消や首・肩こりを解消する事が

出来ます。

 

微温浴に比べて温度が高く、

身体に対する負担が大きいため、

10~20分程度の入浴が良いでしょう。

 

他にも、血行が良くなって

新陳代謝もアップするので

痩せやすい体つくりにも適しています。

 

 

・42度の入浴で美肌に効果的な

 ヒートショックプロテインを得る

 (高温浴)

 

42度以上のお湯に浸かる高温浴では、

42度のお湯に10分程度浸かり、

その後にしっかりと体を冷やさずに

保温する事で、体内で

ヒートショックプロテインというものの

合成を促す事が可能であると言われています。

 

ヒートショックプロテインとは、

身体に高い熱が加わる事で作られる

特殊なたんぱく質で、

身体の細胞を補修する機能などを持ち、

健康や美容に効果的です。

 

その為、ヒートショックプロテインが

体内で作られる事で、美肌効果が期待出来ます。

 

ただし、高温のお風呂に

長時間入り過ぎてしまうと

肌に必要な保湿成分も

一緒に溶けだしてしまうので、

乾燥などの肌トラブルを

招いてしまう事となります。

 

長時間の入浴は避け、

お風呂上がりのスキンケアを

しっかりと行う事が大切です。

 

 

入浴剤を使う

 

お風呂での美容効果を高めるのに

入浴剤は手に入りやすく、

お値段もお手頃なのでおススメです。

 

最近では

様々な種類のものは販売されており、

効能も変わってくるので

上手に使い分けると良いでしょう。

 

 

〈身体を温めやすく、

 冷えにくくするタイプの入浴剤〉

 

炭酸ガスを発生させるタイプや、

マグネシウムなどのミネラル分が

多く含まれている入浴剤は、

お風呂の温室効果を高めて

血行促進による代謝向上や

コリの解消効果が期待出来ます。

 

特に最近話題となっている

炭酸ガスを利用した炭酸泉は、

お湯の温度がぬるめでも

身体をポカポカと温めてくれる

効果があるので、

長時間の入浴にも適しており

代謝も高める事が出来るのでおススメです。

 

 

〈しっとり保湿タイプの入浴剤〉

 

ヒアルロン酸などの保湿成分を

配合している入浴剤を使用する事で

全身の保湿ケアを行う事が出来ます。

 

顔や身体ともに保湿する事が出来、

乾燥しやすい人おススメです。

 

 

マッサージをする

 

お風呂では血行が良くなっているので、

マッサージが効果的です。

 

・顔のリンパマッサージ

 

小顔になる為には、

リンパマッサージは欠かせません。

 

血行の良くなっている時に行う事で、

更なる効果が期待出来ます。

 

1.  鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして

中央側から片側に向かって流し、

滞りやすい鎖骨のリンパをワキに流す。

 

2.  親指以外の4本指を使って、

鎖骨の下をなぞるようにリンパをワキに流す。

 

3.  頭や目の周辺からこめかみ、

耳の前、首を通って胸の方へリンパを流す

 

 

フェイスパックをする

 

フェイスパックをお風呂で利用する事で、

美容成分の浸透を高める事が出来ます。

 

その理由として、

入浴時の蒸気などによって毛穴が開く事や、

肌が柔軟になっている・血行が良くなっている

という事から、

美容成分が取り入れやすくなっている

という事があげられます。

 

フェイスパックの利用時間は

約5分~10分程度の使用が

適しているものが多いので、

お風呂に浸かっている間に使用するのに

良いでしょう。

 

 

お風呂で蒸しタオル

 

タオルにお湯を絞ったり、湿らせたりして

使用する美容アイテムのひとつである

蒸しタオルですが、

お風呂で使用するのもおススメです。

 

蒸しタオルを顔に当てる事で

血行が促進され、

肌の代謝アップや老廃物の排出を

促進する効果が期待出来ます。

 

毛穴ケアにも適しており、

蒸しタオルを顔に当てることで

蒸気が毛穴に入り込み、

毛穴や毛穴につまった角栓を柔らかくして

汚れや詰まった角栓を

除去しやすくしてくれます。

 

お風呂で蒸しタオルをする際は、

クレンジングをしてメイクを落とし、

シャワーで体を軽く温めてから

湯船に浸かり、蒸しタオルを顔にあてます。

 

蒸しタオルは、清潔なタオルに

お湯を含ませてよく絞り、

1~3分程度あてると良いでしょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket