ブログ
- 顔が大きくなる原因と美容鍼 -
11月 5, 2018 4:05 pm

 

 

ダイエット成功!

なのに、いまいち

かっこよく

決まらないのはなぜ?

 

 

 

あなたのダイエットスイッチは

どんなときに入りますか?

 

進学や転職など、

新しい環境に変わるとき、

恋をしたとき、素敵な

女優さんを見たとき・・・

 

人によって理由は

さまざまだけれど、

憧れのスタイルを

手に入れようと

努力する姿は素敵ですよね。

 

しかし、いくらキレイに

やせられたとしても、

顔が大きいと全体的な

バランスが悪く

見えてしまいます。

 

思い描いていた

スタイルとはほど遠く、

せっかくダイエットを

頑張ったのに何だか結果に・・・。

 

キュッと引き締まった

小さな顔は女性らしく、

それだけで可愛いですよね。

 

そのため、世の中に

これだけ小顔になる

グッズやマッサージ、

顔を小さく見せる

メイク方法などが

あふれているのも頷ける話です。

 

 

 

 

顔が大きく

なってしまうワケ

 

 

ところで、いま顔が

大きいと悩んでいるあなたは、

以前からその大きさでしたか?

 

昔と比べて、顔が

大きくなったような気がする・・・

なんて思っていませんか?

 

一方で、顔なんて

生まれつきの大きさなんだから、

変わりようがないでしょと

思う人も多いかもしれませんが、

実際に顔は大きくなります。

 

本来のサイズよりも大きく

見えてしまっている、

と言う方が正しいかもしれません。

 

顔が大きく見えてしまう

原因はいくつかあり、

その症状によって

分かれています。

 

まずは、自分が

どのタイプに当てはまるか、

チェックしてみましょう。

 

 

 

たるみ

 

・目が下がってきた

・口角が下がってきた

・ほうれい線が目立つ

・フェイスラインがぼやける

・顔が長くなった

 

上記に該当する人は、

たるみが大顔の原因と

なっています。

 

顔のたるみは、

加齢によって顔の

筋力が低下すること

によって起こります。

 

また、スマホや

パソコン操作で下を向く

機会が多い人は要注意です。

 

ほほや口周りの筋肉が

垂れ下がり、二重あごの

原因となります。

 

とくに、まだ20代にも

かかわらず顔の下半分が

下がってしまっている人は、

スマホが原因の可能性が

大きいので、つねに目線を

上にしてあごを下げないよう

気をつけましょう。

 

 

むくみ

 

・冷え症、肩こりに悩んでいる

・朝と夜で比べてみると、

顔の大きさが違う

・顔の大きさが毎日変化する

 

むくみが原因で顔が

大きくなっているタイプです。

むくみは、塩分の摂りすぎが

元となります。

 

塩分を摂りすぎてしまうと、

体内のナトリウムイオン濃度が

高くなります。

 

すると、身体は元の濃度に

戻そうとして水が飲みたくなります。

また、水分の排出も滞るので、

むくみやすい身体と

なってしまうのです。

 

 

 

 

小顔になりたい人必見!

引き締め効果のある

顔マッサージ

 

 

 

 

たるみ対策

 

表情筋を鍛えて、

リフトアップをします。

 

 

<あご>

 

あごの下側中央に両手の

親指を当てます。

ぐっと力を入れて押し上げます。

 

そのまま、耳下に向かって

親指を滑らせるように

移動します。

5回程度繰り返します。

 

 

<ほほ、ほうれい線>

 

指の第二関節を使い、

ほほの内側から外側へ

押し出していきます。

ほうれい線も同様で、

下から上へ押し上げる

ように強めに動かします。

 

 

むくみ対策

 

<首>

 

リンパの流れをスムーズにして、

全身の血流を良くします。

肩を動かさないように

注意しながら、

首を大きく回していきます。

 

時計回りにゆっくりと4回、

反対側も同様に行ないます。

 

 

 

<鎖骨>

 

鎖骨周りもリンパが

滞りやすい部分です。

人差し指と中指で

鎖骨を挟みます。

骨に沿って動かし、

リンパを流していきましょう。

 

 

<口角>

 

顔のなかで一番大きな筋肉は、

口周りの筋肉である

口輪筋(こうりんきん)です。

 

この口輪筋を刺激することで、

リンパの流れがスムーズに

なってむくみ解消につながります。

 

右ほほに空気を目いっぱい

入れてふくらませます。

このまま5秒間キープします。

左側も同様に。

これを交互に3回繰り返します。

 

つぎに、歯茎の上に舌を置いて

ぐるっと1周させます。

これを10回繰り返し、

反対側も同様に行ないます。

 

 

 

 

食生活を改善すると、

顔やせに効果あり?

 

 

 

食事と顔やせ、一見すると

あまり関係なさそうに思えますが、

実は毎日の食生活を見直すことは、

顔やせにとってとても有効的です。

 

顔はとくにむくみやすいので、

食べ物の影響を受けやすいと言えます。

 

また、摂取する食品だけでなく、

食べ方そのものについても

工夫してみましょう。

 

 

 

 

 

 

利尿作用がある食品

 

大豆製品や、コーヒーや

紅茶には利尿作用があります。

 

積極的に摂ることでむくみ解消に

つながります。

 

 

 

塩分は控えめに

 

こってりした濃いめの味つけや、

塩分が多い食事は水分が

欲しくなります。

 

すると、身体はむくみやすく

なってしまうので、

塩分はなるべく少なく薄味を

心がけましょう。

 

カリウムの多い果物や

サラダなどの生野菜もおすすめです。

 

 

 

硬い物を食べる

 

せんべいや小魚、たくあん、ピーナッツなど

歯ごたえがあり硬い物を食べましょう。

よくかむことで表情筋が鍛えられるので、

たるみを引き締める効果があります。

 

 

 

ガム

 

硬い物同様に、ガムも

顔やせ効果があります。

 

ガムをかむことであごの

筋肉が鍛えられたり、

過食防止にもなるので

ダイエット効果も得られて

嬉しいですよね。

 

キシリトール配合や

ノンシュガーを選べば

虫歯対策にもなります。

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket