ブログ
- 1日に必要な水分と美容鍼 -
10月 23, 2018 3:02 pm

 

水分を意識的に

摂取しよう!

 

人間が生きていくのに

欠かせない水分ですが、

実は美容にも大きく関係しています。

 

水分は成人の場合は

人体の約60%を占めている

と言われており、

水分が不足してしまうと

肌がカサカサしてしまい乾燥肌になったり、

体調不良や脳梗塞・心筋梗塞などの

大きな病気へと繋がってしまう

可能性があります。

 

では、

1日にどれぐらい摂取すればよいのか?

どのように摂取するのが良いのか?

などの疑問について

お話ししていきたいと思います。

 

 

1日に必要な水の量

 

 

厚生労働省の発表によると、

体重60㎏の成人男性が

日常生活で1日に排泄する水分は、

尿や便・呼吸などを合わせて

およそ2.5リットルとのことで、

この排出分の2.5リットルの水分を

摂取する必要があると

考えられています。

 

ほとんどの人が普段の食事の中で

1リットル程度の水を摂取しており、

体内でも0.3リットルほどの水分が

作られています。

 

なので、新たに飲む必要のある

水分量はおよそ1.2リットルほどで、

500mlのペットボトルを

1日に3本摂取するぐらいで

十分に補える量です。

 

しかし、

汗をかきやすい季節であったり、

スポーツなどで多くの汗をかいた場合は

その分多くの水分を摂取する必要が

あります。

 

 

水分が足りないと

肌はどうなる…?

 

 

水分が足りていない状態が続くと、

肌にも悪い影響を受けてしまいます。

 

例えば、

 

・顔がむくむ

・肌のターンオーバーが乱れる

・毛穴やほうれい線が目立つようになる

・肌のキメが荒れる

・くすみや小じわが増える

 

など、女性にとっては

なるべく起きて欲しくないこと

ばかりが起きてしまいます。

 

外からの保湿を頑張って

ケアしていても

内側の水分が足りていないと

肌が老化してしまう原因にも

なりかねないので、

しっかりと水分を摂取するように

してください。

 

 

飲み物の種類

 

 

水分補給をする際、

水ではなくお茶などを飲むことも

ありますよね。

 

コーヒーや緑茶などは

抗酸化作用などのアンチエイジングにも

良い効果がある一方で、

利尿作用があるカフェインが

多く含まれているので

注意が必要です。

 

 

摂り過ぎると逆に

水分の排出を促してしまう可能性が

あるので、コーヒーや緑茶ばかりを

飲むのではなく、

適度に摂取するように心がけましょう。

 

 

水を飲むタイミング

 

・寝起きに水を飲む

 

寝起きに水を飲むことで

空になっていた胃が反応し、

胃腸を上手に刺激し

排出を促してくれます。

 

常温やあたためた水を

寝起きに飲むのが効果的です。

 

 

・食前に水を飲む

 

胃腸の働きを活性化させ、

食べ物の消化力が高まります。

 

食前に炭酸水を飲むと

満腹感が得られやすいと言われており、

食事の量を抑えられるので

炭酸水を飲むのも良いでしょう。

 

また、食欲が落ちている時や

高齢で胃腸の働きが弱っている時などは、

食前に水を飲むことで

食欲アップの効果が期待出来ます。

 

 

・運動の前後

 

運動した後は汗をかいて

水分やミネラルが失われているので、

ミネラルウォーターがおススメです。

 

・入浴の前後

 

まず入る前に水を飲むことで

発汗作用を促す効果があり、

体内に溜まっていた毒素が

出やすくなると言われています。

 

入浴後も汗をかいたので

きちんと水分補給をしましょう。

 

 

・寝る前

 

寝ている間に

水分は失われていくので

寝る前に水分補給をし、

体内の水分不足を防ぎましょう。

 

そうすることで、

寝ている間も血行を促進する働きを促せ、

痩せ体質になると言われています。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket