ブログ
- 良質な睡眠をとる方法と美容鍼 -
8月 30, 2018 4:18 pm

 

正しい睡眠をとればキレイになれる!

 

 

絶対に欠かすことの出来ない睡眠ですが、

質の良い睡眠をとるというのはなかなか難しいものです。

 

ただ眠るだけ・・ではダメなのです!

睡眠をあなどってはいけません!

精神面でも身体面でも、睡眠はとても重大な役割を担っています。

 

美容の面でも、睡眠は「体の内側からのエステである」

と言われる程で、睡眠が肌へ及ぼす影響は

とても大きなものなのです。

 

最近のあなたの睡眠はどうでしょうか?

 

たくさん寝ているはずなのに眠い・疲れがとれない気がする・・・。

眠りにつきにくい・睡眠不足が続いている・・・。

 

などと睡眠について悩んでいる人は、

想像以上に多いのではないでしょうか。

 

自分の睡眠の状態を振り返り、良質な睡眠をとり

内側も外側もキレイになろう!

 

 

 

良質な睡眠の美容効果

 

 

良質な睡眠をとる事で次のような

美容効果が期待できます。

 

 

・成長ホルモンでお肌を修復

 

睡眠中、体の中では様々なホルモンが分泌されています。

その中でも「成長ホルモン」は、

 

骨の発育を促す働きや体の組織を修復・再生する作用がある

 

と言われており、成長期にはもちろん肌にとっても

とても大切な存在となります。

 

睡眠不足になってしまうとニキビや吹き出物・目の下のクマ

などが出来る事がありますが、これらの原因は

肌代謝(ターンオーバー)が乱れることと言われています。

 

通常健康な肌であれば、肌は28日周期で

新しい肌に生まれ変わりますが、

この周期が遅れて行ってしまうと古い角質が

残ったまま肌の表面が固くなってしまい、

シワやくすみの原因となります。

 

成長ホルモンは、日中の肌のダメージ修復や新陳代謝を

活性化させる働きを持っているので、

美容と健康に欠かせないものなのです。

 

 

 

・ダイエットにも大きく関係している

 

ただ眠るだけ・・

ですが、睡眠はダイエットにも大きく関係しています。

 

睡眠不足になってしまうと太りやすくなってしまう、

というデータがでているのです。

 

睡眠が不足してしまうと、食欲を増進させるホルモンで

あると言われている「グレリン」の分泌が増えてしまい、

満腹感を感じさせるホルモンである「レチプン」が低下してしまいます。

 

その為、睡眠不足になってしまうと

過食に陥りやすくなると言われているのです。

 

 

・ストレスを緩和

 

寝不足になってしまうとイライラしてしまう・・・

こんな経験がある人も多いかと思います。

 

これは睡眠が脳に大きな影響を与えているからなのです。

 

睡眠をとる理由として、大脳を休ませるために行う

生命現象であると言われています。

 

日中フル活動してヒートアップした大脳を

ぐっすり眠る事で休息させることで、日常生活の中で

創造的な判断・論理的な思考が可能になるのです。

 

また、睡眠が足りていないと心が不安定になってしまい

キレやすくなってしまうと言われています。

 

これも睡眠不足によって自律神経のバランスが

崩れてしまうのが原因であると言われているので、

良質な睡眠をとることで毎日を笑顔で過ごす事へと繋がります。

 

 

・疲労回復

 

睡眠の役割は何と言っても脳と心と体の疲れをとって

機能を回復させる事でしょう。

 

毎日の睡眠で、1日頑張って動き続けた筋肉を休ませ、

使い続けた脳もリセットさせることが出来ます。

 

 

 

睡眠のゴールデンタイム

 

 

睡眠のゴールデンタイムとは、睡眠によって

もっとも多くの成長ホルモンが分泌される時間帯の事を言います。

 

一般的に睡眠のゴールデンタイムは

午後10時から午前2時の間

であるとされています。

 

人間の脳は、朝起きて朝日の光を受けてから

約14時間後に睡眠に向けた体制に入るように

出来ていると言われています。

 

例えば、午前7時に起床した場合14時間後の午後9時頃から

睡眠ホルモンが分泌され始めるので午後10時ごろに

就寝するのが良いという事になります。

 

現代社会では大人が午後10時に寝るというのは

なかなか難しいものなので、

0時ごろを目安に就寝している人が多いようです。

 

 

 

最低でもこれだけの睡眠時間を

 

 

医学的に、1日に7時間の睡眠をとる人の寿命が

1番長いというデータがでています。

 

睡眠時間が6時間以下になってしまうと

ホルモンバランスが乱れはじめ、

肌トラブルを起こしやすくなると言われています。

 

最低でも1日6時間の睡眠をとるように心がけましょう。

 

 

 

良質な睡眠をとる為に

 

 

・就寝前の入浴

 

スムーズに入眠する為には、

深部体温(脳や体の中心・内臓の温度)

が下がった時に訪れると言われています。

 

就寝前に入浴して体を芯から温め、

体温を上げておけば眠るときの深部体温の低下が

速やかとなり、スムーズに入眠出する事が出来ます。

 

就寝前の60分~90分前に、

38~40℃のぬるめお湯で全身浴を20分ほど行う

のは効果的です。

 

 

・運動のゴールデンタイムは19時

 

運動は快眠を促すのに大切なものですが、

時間帯によっては逆に睡眠を妨げてしまう事にも繋がってしまいます。

 

21時以降は体が休息モードへと突入するので、

そこで運動を行ってしまうと交感神経が優位になって、

眠気が遠のいてしまいます。

 

運動のゴールデンタイムは1日のうちで

もっとも体温が高くなる19時前後が良いとされているので、

緩やかな内容で20分~30分行うのが効果的でしょう。

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket