ブログ
- 肌への摩擦が起こす悪影響と美容鍼 -
8月 25, 2018 4:03 pm

 

あなたは普段、どんなケアをしていますか?

 

キレイなお肌になりたい、と思って

お肌に良さそうな食材を選んだり、

高価な化粧品を使ってみたり。

 

あなたは、なにに力を入れていますか?

美肌は女性にとって、永遠のテーマと

言えるほど大事なことですよね。

 

しかし、いくら頑張ってケアしていたとしても、

そのお手入れ方法が間違っていたら逆効果です。

 

誤った認識のまま、毎日を過ごしていては、

余計な負担がかかって大切なお肌を傷つけてしまいます。

 

そこで気をつけたいのが、

お肌への摩擦です。

 

ゴシゴシ洗ってないから大丈夫、

と思っていませんか?

 

でも、皮膚の薄い顔にとっては、

ごく軽い刺激でも大きな

負荷がかかる場合があります。

 

 

 

摩擦が加わると、お肌はどうなるでしょうか?

 

顔を洗うときは力を入れず優しく洗う、

とよく聞きますよね。

なぜかと言うと、お肌は摩擦が大の苦手だからです。

 

それでは、お肌に摩擦が加わるとどうなるか、

その悪影響について見ていきましょう。

 

 

○バリア機能が低下する

 

摩擦が起きると、水分と皮脂が失われてしまいます。

すると、角質がはがれやすくなります。

 

角質層は、身体の部位によってその厚みが異なります。

顔は他の場所と比べて薄く、手や足などが50~60層あるのに対し、

10層程度と言われています。

 

そのため、軽い摩擦でもかなりの刺激となります。

 

角質がはがれて薄くなった皮膚は、バリア機能が低下して

少しの刺激でも荒れてしまう敏感肌となります。

顔が赤らんだり、吹き出物ができたりと、

あらゆるトラブルを招きやすくなってしまいます。

 

 

○シミができる

 

摩擦によって起きる摩擦ジミです。

洗顔の際、シャワーのお湯を直接顔にかけたり、

小顔マッサージ!と思って、顔をこすってはいませんか?

 

ほかにも、ファンデーションやチークなどを塗るときには、

自分で思っている以上に、力が入っています。

 

これらが、メラノサイトを刺激して

メラニンが生成されるので、

シミやくすみができくすんだお肌になってしまうのです。

 

 

 

お肌荒れとはバイバイ!

摩擦からお肌を守るスキンケア

 

 

お肌の調子が良ければ気分もルンルン♪

反対に、調子が悪いと気分も沈みがちに。

 

紫外線の強い夏本番を乗り切るためにも、

正しいスキンケアを行なってお肌を守りましょう。

 

 

○クレンジングはなじませる程度

 

メイクをしていれば、ほぼ毎日使うクレンジング。

お肌にとっては、かなりの負担がかかります。

 

メイクをしっかり落とさなければ、

とこすってしまいがちですよね。

 

しかし、クレンジングには、

なじませるだけで十分な洗浄効果があります。

お肌をこすることは避けて、

指先でクルクルと動かすだけで良いでしょう。

 

また、目元や口元などメイクが落ちにくい場所には、

専用のリムーバーを使用しましょう。

ふきとりタイプのクレンジングは摩擦が起きやすいため、

普段のケアでは避けた方がベターです。

 

 

○しっかりと泡立てて

 

洗顔料は、密度の濃い泡をしっかり立てましょう。

この泡が皮脂や汚れをしっかり吸着してくれるため、

顔をこする必要がありません。

 

 

○水分はふくのではなく、吸い取る

 

洗顔後、顔をふくときにタオルを

顔の上で動かしてはいけません。

タオルを顔に優しく押し当てるようにして、

水分を吸い取りましょう。

 

 

○コットンは使わない

 

化粧水や乳液は、コットンを使わず手でつけましょう。

お肌へ洗顔後のお肌は水分を含み柔らかくなっているので、

とくに丁寧に扱うよう心がけましょう。

 

 

美容鍼で手に入れる!自分史上、最高の美肌♪

 

 

自分でいくら頑張っていても、思うような効果が得られない。

こんな悩みにおすすめなのが、美容鍼です。

 

美容鍼、良さそうな感じはするけどなんとなく怖い、

どんなことをするのかわからない、

と言った不安を感じている人もいるでしょう。

 

そんなあなたに、詳しく説明していきます。

 

美容鍼とは、もともと鍼灸治療の一つであり、

美容目的として派生したものです。

 

ハリウッドセレブの間で話題となったのをキッカケとして、

徐々に世界中に広まりました。

 

その効果は、世界保健機構(WHO)にも認められています。

副作用もほとんどなく、安全で安心して受けられる施術方法です。

 

お肌は、表から順に

表皮層、真皮層、皮下組織

という3重構造になっています。

 

お肌の生成に必要不可欠なコラーゲンやエラスチンは、

真皮層で作られています。

 

しかし、真皮層は皮膚の奥深くにあるため、

エステやマッサージなどでは、なかなかその効果が届きません。

 

それに対し、美容鍼で使用される鍼は、

0.15mm前後と髪の毛ほどの細さなので、

真皮層へしっかり届きます。

 

真皮層はお肌の再生に重要な役割を持っていますが、

鍼によって刺激を与えることで、傷つけられたと

誤認識した細胞が活性化して、新陳代謝を促し

お肌が新しく生まれ変わるのを助けます。

 

シワやしみ、たるみやくすみなどお肌全般のトラブルに効果を発揮します。

 

即効性があり、痛みを感じることもほとんどないため、

興味はあるけど・・・

という方もぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket