ブログ
- 季節的な肌のべたつきと美容鍼 -
7月 21, 2018 3:19 pm

 

 

季節の変わり目は、

体調を崩しやすいので

要注意です

 

 

 

季節の変わり目は、

気温が安定しないため

体調を崩しやすいですよね。

 

 

ある調査では、季節の変わり目に

お肌の調子が悪くなった経験がある、

と答えた人が6割を超えました。

 

 

健康肌でとくに悩みがない人でも、

気候が不安定な季節には、

ふだんより念入りなケアが必要です。

 

 

 

不快なお肌の症状

 

 

 

とくに雨が多く、

本格的な夏に向かっていく今の時期は、

湿度と温度がいっきに上がります。

 

 

お肌も汗をかいてベタベタしたり、

体調不良から荒れてしまったり、

なにかとトラブルが目立つように

なります。

 

 

梅雨どきのお肌の悩み、

どんなものがあるでしょうか。

 

 

○にきびなど吹き出物

 

 

皮脂の分泌が多いからといって、

必ずしもにきびになる訳ではありません。

 

 

不要となった古い角質が

きちんと排出されず、

毛穴のなかにとどまったままだと

毛穴をふさいでしまいます。

 

それが、皮脂と混ざり合うと、

菌が繁殖しやすい状態となり、

結果としてにきびにつながるのです。

 

 

 

○毛穴の開き

 

 

毛穴に皮脂が詰まった状態だと

毛穴が大きく見えて

目立ってしまうことがあります。

 

 

○くすみ

 

 

この時期は、

気温も上がったり下がったりで安定せず、

寒暖差が大きいですよね。

 

 

急に寒くなった日には、

身体も冷えて血行が悪くなります。

 

 

血流が滞ると、お肌の明るさや透明感が

失われてしまい、

お肌がくすんでしまいます。

 

 

○べたつき

 

 

美しいお肌を保つのに、理想的な湿度は

だいたい50~60パーセントと

されています。

 

 

雨が降れば当然湿度も

上がってしまうので、

お肌がべたついたりテカったりします。

 

 

など、さまざまなトラブルがあります。

 

 

 

梅雨どき、肌が

荒れてしまう原因は?

 

 

 

この時期、

肌が荒れてしまう主な原因は、

汗と皮脂です。

 

 

湿度が高いと、汗が蒸発しにくいため

お肌の表面に留まってしまいます。

 

 

また、温度が上がりお肌の活動が

活発になると、

皮脂の分泌が過剰になるため、

お肌がべたついてテカってしまい

メイク崩れのもととなるのです。

 

 

 

そのほかの理由としては、

エアコンによる乾燥があります。

 

 

だんだんと気温が高くなると、

エアコンを使用する機会も増えるでしょう。

 

 

快適に過ごせる一方で、

室内の湿度が低くなるため、

お肌はどんどん乾燥してしまいます。

 

 

しかし、その乾燥を補おうと、

脳からさらに皮脂を増やすよう

指令が出されるため、悪循環に陥ります。

 

 

 

表面はべたついている・・・

でも、実はインナードライに

なっています

 

 

 

表面のベタベタばかりに気を取られていると、

インナードライ(乾燥性脂性肌)

になっていても見落としてしまう可能性が

あります。

 

 

一見すると脂性肌と似ていますが、

インナードライとは内部の乾燥が原因で、

皮脂が過剰に分泌されている肌質のことです。

 

 

肌色がくすんでいる、

なんとなくお肌が分厚くなった気がする、

表面はべたついていても

肌の奥がつっぱっている感じがする。

 

 

これらはすべて、

インナードライのサインです。

 

 

ささいな変化であっても、

自分自身ではよくわかるはずです。

 

 

お肌の状態を正確に把握して、

その状態に合ったケアをすることが

とても大切です。

 

 

 

お肌の悩みを改善して、

美肌をめざしましょう!

 

 

 

かゆみや乾燥、べたつきなど、

お肌の悩みはつきませんよね。

 

 

肌質改善のため、

私たちができることはなんでしょうか。

 

 

○皮脂汚れをしっかり落とす

 

 

皮脂の過剰な分泌はお肌をテカらせて、

ほこりなどの汚れが

付着しやすくなります。

 

 

お肌が汚れていると、

にきびやべたつきにつながるので、

洗顔はやさしく丁寧に。

 

 

また、お湯の温度にも気をつけましょう。

 

 

あまり熱すぎると、

必要な皮脂まで取り除いてしまい

乾燥を招いてしまいます。

 

 

○保湿をしっかり行なう

 

 

気づかないうちに

乾燥していることもあるので、

洗顔後のお手入れはいつもより

入念にしましょう。

 

 

ゆっくり時間をかけて

丁寧に行なうことで、

皮脂のバランスが取れたお肌へ

生まれ変わります。

 

 

フェイスパックや美容液など、

保湿効果の高いものを

ふだんのケアにプラスして

お肌をいたわってください。

 

 

○紫外線対策をする

 

 

梅雨の時期は、雨や曇りの日が多く

日差しが少ないため、

紫外線対策を怠りがちです。

 

 

しかし、注意が必要なのは、

紫外線にはA波とB波の2種類あり、

雲やガラスを通り抜けるA波は、

5月にピークを迎えるということです。

 

 

A波は、波長が長く

皮膚の奥深くまで届くため、

真皮層にあるコラーゲンに

ダメージを与えます。

 

 

シワやしみ、たるみの原因と

なるため、帽子を被る、

日焼け止めをこまめに塗るなど、

日々の積み重ねが大事ですよ!

 

 

 

○美容鍼

 

 

美容鍼で肌質改善をめざすことも、

おすすめです。

 

 

美容鍼とは、鍼灸治療から派生し、

とくに美容を目的とした治療方法の

1つです。

 

 

使用される鍼は、髪の毛ほどに細いため、

真皮層まで届きます。

 

直接刺激を与えることができるため、

お肌に必要不可欠なコラーゲンの生成を

促します。

 

 

新陳代謝が活発になって、

お肌のターンオーバーを正常化

してくれます。

 

 

いちど試してみる価値ありです!

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket