ブログ
- 目元のシワができる悪い習慣と美容鍼 -
6月 18, 2018 11:30 am

 

 

【すごいでしょ?

 私の顔は、形状記憶!?】

 

 

 

老けて見える目元のシワって

嫌ですよね~。

 

おまけに、

深く刻み込まれてしまったシワは

取ることが容易ではない!

 

引っ張ったり、

伸ばしたりしたくらいで

消えるものではないですよね。

 

形状記憶か!

そんな機能いらない(涙)

 

いっそのこと

アイロンをかけてやりたい!

 

と思うくらい切実な悩みなのです。

 

 

 

目元にシワができやすい理由の

一つとして、皮膚の薄さ

が挙げられます。

 

顔のほかの部分と比較しても

圧倒的に薄く、

ほほがタオルくらいと例えると

目元はなんとガーゼほどの厚み

しかありません。

 

非常にデリケートな部分である

ことに加え、目の疲れや乾燥、

顔の筋肉である表情筋の衰えなど、

その原因はさまざまあります。

 

 

 

【目元のシワを増やす

 悪習慣】

 

 

 

シワができてしまう根本的な原因とは別に、

シワを増やしてしまう悪い習慣があります。

 

具体的に見ていきましょう。

 

 

 

○目をこするクセがある

 

 

まぶたの皮膚は、

縦方向の刺激には強い一方で、

目をこする横方向の動きにはとても弱く、

シワへとつながります。

 

ゴシゴシこすらないようにしましょう。

 

 

 

○目を酷使している

 

 

普段、時間を忘れてPCやスマートフォンを

使い過ぎていませんか?

 

 

長時間酷使された目は力が入って

こり固まってしまいます。

 

血行不良を起こして、

シワのもととなります。

 

シワができやすい状態を自ら

作っていることに気づいてください!

 

 

 

○間違ったマッサージ

 

 

疲れ目やむくみを解消しようと、

目のまわりを手でマッサージすることが

ありますよね。

 

 

このとき、力を強く入れすぎてしまうと、

繊細な皮膚が傷つきシワができてしまう

ことがあります。

 

 

 

○ドライアイのケアをしていない

 

 

ただの乾燥と思ってドライアイを放置

してしまうと、まばたきの回数が

とても多くなります。

 

 

まばたきは目の乾燥を招くため、

シワが増える原因となります。

 

 

 

 

【目元のシワには

 これが効く!

 有効的な方法とは】

 

 

 

○紫外線対策

 

 

これからの時期、日差しがどんどん

きつくなってきます。

 

 

紫外線を浴びるとお肌は乾燥するほか、

コラーゲンにダメージを与えます。

 

すると、

お肌の弾力性が失われてしまい、

シワができやすくなります。

 

 

UV効果の高い日焼け止めを使用する、

帽子をかぶるなど工夫をして紫外線を

極力避けましょう。

 

 

 

○目元の乾燥を防ぐ

 

 

目尻の乾燥小ジワを防ぐために、

保湿に力を入れましょう。

 

基本のスキンケアにプラスして、

コットンパックをしたり、

目元専用の化粧品でケアすると

効果的です。

 

 

 

○血行を良くする

 

 

血行を良くすると、

シワの改善につながります。

 

 

レンジで温めた蒸しタオルで

即席ホットパックを作ります。

 

 

目に当てて温めると血行が良くなり、

リラックス効果も得られるので

おすすめです。

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

 

 

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket