ブログ
- 肌年齢と美容鍼 -
6月 14, 2018 11:20 am

 

 

【その化粧品選び、

合ってますか?】

 

 

 

本当に効果の高いものから、

不確かでありながら

指示されているものまで、

世の中は化粧品と情報で溢れています。

 

 

 

人間の心理として口コミでの評価に

左右されるところがかなり比重を占めており、

『〇〇No.1』などと書かれていると

つい試してみたくなるのが

消費者の行動です。

 

 

 

しかし実際、

本当に効果が感じられる化粧品は

いったいどのぐらいあるのでしょうか。

 

 

またそれらを選ぶ前にまず、

スキンケアを行う土台の肌は健康ですか?

 

 

 

どんなに優秀で高価な化粧品を使っても、

その使い方や順序が間違っていたら

何の意味もありませんし、

メイクでカバーできていても

肌年齢は低下するばかりです。

 

 

 

 

【肌年齢キープに

一番大切なのは洗顔!】

 

 

 

・ポイントメイクは・・・

 

 

綿棒やコットンを使って細かく丁寧に

落としていきます。

 

 

ウオータープルーフ対応の

マスカラやアイライナーは

長時間長持ちするメリットも

ありますが、

それらをごっそり落とせる洗顔料を

肌に使うには刺激が強すぎてしまうもの。

 

 

 

最近では24時間落ちないのに

お湯でオフできるポイントメイク用品も

販売されていますので、

時と場合に合わせて使い分けると、

クレンジングでの手間も省くことが

できますね。

 

 

 

・きめ細かい泡で全体を洗う

 

 

手の表面は敏感で

繊細な肌にとっては細かい傷を

つけているようなもの。

 

 

しっかり泡をたてて手と肌の間に

クッションをつくるつもりで

洗顔していきます。

 

 

毛穴に詰まった汚れも

この細かい泡が包み込むことで

綺麗に落としきることに繋がります。

 

 

肌の汚れが残っていると、

どんな効果的な美容成分でも

浸透することができません。

 

 

 

・お湯の温度は33度前後

 

 

冷たい水で洗顔をすると毛穴が硬くなり

汚れが落ちにくくなり、

あまりにも熱いお湯で洗顔をすると

皮脂が流されて肌のバリア機能が

損なわれてしまいます。

 

 

 

まれに洗顔料も使わないし化粧水もつけない

という男性がツヤツヤの肌をしている・・・

なんてこともありますが、

それは根本的にその人の皮膚に厚みがあり、

もともと丈夫であるという特性によるもの

と思っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

【丁寧に洗顔をした後

 は・・・】

 

 

 

これは皆さんもご存知と思いますが、

保湿するに限ります。

 

美容液を追加する場合は、その美容液が

化粧水の前に使うものなのか、

お手入れの最後に使うものなのか

用法を守ることが大切です。

 

 

 

化粧水や乳液の質も、

季節によって必要なタイプが違ったり、

特に乾燥しやすく

肌トラブルを起こしやすい時期が

あったりするので、

毎日の肌の状態を自分で知ること

を習慣にしましょう。

 

 

 

 

【やすだ鍼灸整骨院では】

 

 

様々なお悩みに応じたカウンセリングと、

アンチエイジング効果の高い

美容鍼を行っております。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket