ブログ
- 男性と女性の肌質の違いと美容鍼 -
6月 7, 2018 11:02 am

 

 

【男性の方が肌のお手入れ

 をしなくてもいいの?】

 

 

毎日毎日抜かりなくお手入れをしているのに、

美容に無頓着な男性の方がかえって

肌トラブルが少ない・・・

 

なんて不公平な気持ちを味わったことは

ありませんか?

 

 

これは生まれつき皮膚が厚い方に限られた

特権のようなもので、

皮膚も厚い上に女性よりも分泌される

皮脂が多いがゆえに、年中ツヤが良い

ように見えるのです。

 

 

 

しかし、生まれつき皮膚が薄く

デリケートな肌質の男性は、

女性よりも皮脂の分泌が多いということは、

より洗顔や保湿の手間をかけないと

安定した肌の状態を保つのが難しくなる

とも言えます。

 

 

 

女性はスキンケアにも時間や手間を

かけてはいますが、毎日のお化粧という

肌への負担は意外と大きいので、

何もしていない男性の方がかえって

肌が綺麗なんてことが起こる

というわけですね。

 

 

 

 

【男性でも肌ケアに

 気をつけた方が良いことは

 ある?】

 

 

 

・髭剃りは化粧以上に

 肌に負担がかかります

 

 

髭を剃る時に毎回肌の表面が削られて

しまうので、どうしても肌のバリア機能が

低下しやすくなります。

髭を剃る際のフォームやゲルなどに気を使う、

また剃った後の保湿を怠らないなど、

男性特有の肌のケアは必要です。

 

 

女性のものと思われてきた永久脱毛を

髭にする人も増えているようですから、

身だしなみとともに肌への負担を

考えている男性はこれからも増える傾向に

あるでしょう。

 

 

 

・紫外線ケアは何年も後に

 結果が出ます

 

 

女性は化粧下地やファンデーションに

日焼け止めの効果のあるものを使うことで、

男性に比べると紫外線をカットできている

と言えます。

 

 

男性で毎日日焼け止めを使うという方は

まだまだ少ないかと思いますが、

それはすぐにシミとして見えないからでは

ないでしょうか。

 

 

色素沈着は長い時間かけて肌の底に

こびりついて、年を重ねた後に急にシミが

出てきます。

 

 

特に強い紫外線を浴びるような

スポーツやレジャーの際に

サングラスを使用するのは

大変有効ですし、

日焼け止めを塗るのが

手間なのであれば帽子の着用も

一定の効果が見込めます。

 

 

 

【現代人は

 男性の肌も女性の肌も

 疲れやすい!】

 

 

 

皮膚が厚く皮脂の分泌が多い

男性のほうが肌のトラブルが

少ない反面、髭剃りケアや

日焼け止めを日常的に使わない

など改善するべきところはあります。

 

 

反対に、日頃からケアをして

化粧により紫外線対策はできている

女性は、化粧落としで肌に大きな負担を

かけていることもあり、

結果的に疲れやすくなっている

ことは間違いありません。

 

 

 

肌本来の強さを取り戻して、

シミ・シワ・たるみの少ない肌で

自然に過ごせるようになるのが

理想的です。

 

 

 

 

【やすだ鍼灸整骨院では】

 

 

様々なお悩みに応じたカウンセリングと、

アンチエイジング効果の高い

美容鍼を行っております。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket