ブログ
- 口臭と美容鍼 -
6月 3, 2018 4:07 pm

 

 

【臭いがイメージを

左右する】

 

 

誰かと話していて、相手の口臭が

気になる事はありませんか?

 

いったん臭いが気になると

そのことばかりに気を取られて、

楽しい話にも集中できませんよね。

 

 

それと同時に

「自分の口のにおいは大丈夫かな?」

と考えてしまいます。

 

 

臭いは想像以上の不快感を

周りに与えますが、本人は

自覚しにくいという問題があります。

 

 

臭いが他人に与えるイメージは

かなり大きいので、口臭がひどいままだと

そのような印象が付いて回るようになるのです。

 

 

また、デリケートなことなので指摘するのも

なかなか難しい部分がありますよね。

 

 

口臭があるのはある程度仕方のないこと

ですが、他人に不快感を与えるような

口臭の場合は対策が必要です。

 

口臭は、生活習慣や食生活、体調、

ホルモンバランスなどが影響します。

 

 

 

【口臭を防ぐ

歯磨きのポイント】

 

 

歯磨きが丁寧に行われていないと、

においの原因となる歯石や歯垢が溜まって

臭いの原因になります。

 

 

毎食後に歯を磨くのが理想ですが、

それが難しい人でも一日一回は時間をかけて

丁寧に歯磨きをする時間を持つようにしましょう。

 

 

口臭予防のための歯磨きポイントを

ご紹介します。

 

 

▼歯と歯の間を小刻みに動かす

 

▼力を入れすぎないで優しく磨く

 

▼デンタルフロスで歯間の汚れを取る

 

▼歯茎と歯の間に斜め45度で

 歯ブラシをあてる

 

▼歯ブラシはできるだけ小さく動かす

 

 

大切なのは歯と歯茎の間、

歯と歯の間を念入りに磨くことです。

 

特に歯と歯の間に溜まった汚れは

歯ブラシだけで除去するのは難しいので、

デンタルフロスを使ったケアが必要になります。

 

 

また、歯ブラシを大きく動かすと

細かい部分に溜まった汚れが落ちないので、

携帯のバイブレーションのように

小さく振動させるのがコツです。

 

 

 

【その他の口臭ケア】

 

 

〇舌苔を掃除する

舌苔とは舌の上にある

白い苔のようなもので、

口臭の原因になります。

 

白い部分が濃くなると、

細菌が繁殖してさらに臭いが

強くなります。

 

 

舌苔除去専用のブラシがあるので、

一日一回程度舌を掃除するのが

おすすめです。

 

 

〇乾燥を防ぐ

 

口の中の水分が減少すると、

細菌が発生しやすくなり口臭が

悪化します。

 

何かに集中していると

水分を摂るのを忘れていつのまにか

口の中がカラカラに乾いている

という事もありますよね。

 

意識的に水分を摂取して、

口内が乾かないようにしましょう。

 

 

〇コーヒー・アルコール・喫煙は避ける

コーヒーやアルコール、タバコなどの

嗜好品は強いにおいを発します。

 

特にタバコのニコチンやタールは、

タバコを吸わない人にとっては

非常に不快なにおいとなります。

 

普段から喫煙習慣がある人は、

人に合う前に口臭ケアグッズを使ったり、

タバコによる汚れが歯に残らないよう

歯磨きをきちんと行う必要があります。

 

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

 

 

全身のバランスをと問える整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket