ブログ
- 女性だけじゃない!メンズスキンケアのススメと美容鍼 -
5月 17, 2018 4:45 pm

 

 スキンケアって、何?

 

 

スキンケアとは

スキン = 肌のケアのこと。

化粧水や乳液、クリームなど、そういえば女性が使っているな~

というイメージが強いのではないでしょうか。

 

最近では男性でもお肌のお手入れをしたり、

エステに行ったりするのが当たり前になってきました。

 

毎日のひげそりで、男性のお肌はダメージを負っています。

しかしスキンケアを始めてみるのはなかなか勇気がいるもの。

そんなあなたに向けて、メンズスキンケアのススメです。

 

 

 用意するもの

 

まず、お持ちでなければ用意してほしいものがあります。

 

①洗顔料
②ヘアクリップまたはヘアバンド
③泡立てネット
④化粧水
⑤コットン
⑥乳液または保湿クリーム

 

以上6アイテムです。

 

化粧水と乳液が一緒になっているオールインワンタイプも

ありますので、そちらもおすすめです。

 

 

 スキンケアってやる必要あるの?

 

 

私たちの肌は常に空気に晒されています。

空気中のほこりや煙、そして内側から分泌される皮脂や汗と

混ざり合ってお肌の汚れとなるのです。

 

水で洗えば十分じゃない?と思っている方もいらっしゃるでしょう。

実は男性の肌は皮脂の分泌量が多いため、水をはじいてしまうんです。

 

これではしっかりと汚れを落とすことができません。

洗顔料を使うことで、しっかりとお肌をキレイにできるのです。

 

 

キレイになったらから、このままでいいんじゃない?

いえいえ、洗顔したままの肌は水分が出ていきやすい状態なのです。

洗顔料は汚れだけでなくうるおい成分まで洗い流してしまいます。

そのため、洗顔後は化粧水でうるおいをプラスしてあげることが大事なのです。

 

 

化粧水をつけたんだから乳液はいらなくない?

いえいえ、必要なのです。化粧水でうるおいをプラスしても、

蓋をしてあげないと水分が逃げてしまいます。

乳液はラップだと思って頂けると想像しやすいでしょうか。
器に水を入れてそのまま置いておくと、いずれは蒸発してなくなってしまいます。

しかしラップをしておくことによって、中に水分を留めておくことができるのです。

 

 

スキンケアは、このように朝と晩に洗顔→保湿の順に行います。

ひげそりは洗顔の前に行います。

 

では、実際にやってみましょう。

 

 スキンケアのやり方

 

まずはじめに、ヘアクリップまたはヘアバンドで顔周りの髪を避けます。

次に、洗顔料を2cmほど出します。これから顔を洗っていくわけですが、

この時注意して欲しいのが「洗顔料をしっかり泡立てる」ということです。

 

両手でさっと泡立ててゴシゴシ!これはNGです。

ゴシゴシ洗うことで、お肌を傷つけてしまいます。

 

先ほど用意してもらった泡立てネットでふわふわの泡を作って、

優しく洗いましょう。泡を肌にのせて、くるくると手で洗います。

泡を流す時ももちろん優しく。バシャバシャと水を叩きつけず、

手ですくった水を顔に当てるように流しましょう。

 

 

さて、洗顔が終わったら、まずはしっかりと水分をとります。

この時もタオルでゴシゴシ拭かず、タオルを押し付ける

ようにして水分をとってください。

 

 

次は化粧水をつけていきます。

 

先ほど用意してもらったコットンに化粧水をたっぷりつけていきます。

顔全体に化粧水をつけます。叩き込むのではなく、優しく。

スキンケアはとにかく優しくすることが大事です。
化粧水がお肌にしっかりと染み込んで、しっとりしたら乳液を塗ります。

乳液は手のひらに出し、両手に広げて顔全体になじませます。

顔全体になじませたら、おでこと顎、両頬に各10秒ほど

両手のひらを当てて、乳液を染み込ませます。

これでスキンケアは完了です!

 

 

 ワンランク上のスキンケア

 

 

基本のスキンケアは以上となります。

もっとお肌に気を使いたい、でもエステに行くのはハードルが高い…、

そんなあなたには、鍼灸整骨院で手軽にできる美容鍼がおすすめです。

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket