ブログ
- 正しい洗顔方法と美容鍼 -
5月 7, 2018 4:32 pm

 

 毎日の洗顔、間違っていませんか?

 

 

美肌というと、保湿ケアなどが中心になりがちですが、

洗顔も実は保湿ケアと同じくらい大切な役割をもっています。

 

間違った洗顔方法を行っていると、自分自身で

肌への負担をかけてしまっている可能性があります。

自己流で行っていると、乾燥やくすみ・小じわの原因に

なってしまう恐れがあります。

 

正しい方法で毎日の洗顔を行えば、素肌そのものが

綺麗になっていき、すっぴん美人への近道になるのです。

 

 

 基本的な洗顔方法

・洗顔は朝と夜の2回行う

 

基本的に洗顔は、朝起きた時とメイクを落とした後の

2回行う事良いとされています。

朝洗顔を行う理由としては、寝ている間に蓄積された

皮膚の汚れを落とすのが目的です。

 

何度も洗顔を行ったからと言って効果が上がる訳ではなく、

逆に何度も洗顔すると肌トラブルの原因となるので注意が必要です。

 

 

・泡でやさしく洗う

 

洗顔料はしっかりと泡立ててふわふわにする事が大切です。

そうすることで、泡がクッションとなり肌への摩擦を

最小限に抑える事が出来るからです。
上手く泡立てられない場合、市販の泡立てようの

洗顔ネットを使うと楽にふわふわの泡を作る事ができます。

力を入れてゴシゴシ洗うのは肌を傷めてしまうので辞めましょう。

 

 

・ぬるま湯ですすぐ

 

すすぐ際に水が冷たすぎると毛穴が閉じてしまい

汚れを排出しにくくなってしまいます。

 

逆に熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまう

恐れがあるので注意が必要です。

33度~35度くらいのぬるま湯で洗い残しのないよう

しっかりと落とします。

 

その際、顔をこすらないよう注意し、手のひらにためたお湯で

20~30回やさしくヌルつきがなくなるまで丁寧に洗います。

 

 

・タオルでふき取る

 

ふき取る際も、ゴシゴシとタオルで拭くのではなく

タオルを肌に押し当てるように拭きます。

ゴシゴシこすると肌を傷めてしまうので注意が必要です。

 

 

 注意する事

 

 

基本的な洗顔方法にも含まれていた、冷水・熱いお湯で洗う、

少ない泡で洗っている、ゴシゴシとこするように洗っている、

という注意点がありましたがこの他にもいくつか注意する事があります。

 

 

・洗顔の時間

 

基本的な洗顔の時間は1~1.5分が良いと言われています。

長時間洗っていると肌に負担をかけてしまうので気を付けましょう。

 

・洗顔する回数

 

1日に3回以上の洗顔は肌が乾燥してしまうので辞めましょう。

肌にはある程度の皮脂が必要なので、洗顔によって

皮脂を落とし過ぎると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

そうなると、逆に脂っぽい肌に傾いてきてしまうので注意が必要です。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket