ブログ
- 肌質の種類と美容鍼 -
5月 5, 2018 8:40 am

 

自分の肌質を知って理想の肌へ

 

 

肌のタイプは人それぞれ異なります。

生まれつきの肌質もありますが

それ以上に年齢や食生活・ストレスなどが

肌にも大きな影響を与えています。

 

肌質は4つに分類する事が出来て

それぞれ肌のタイプやスキンケアの方法が違ってきます。

 

一生懸命に肌をケアしていても

自分の肌質に合わないケアを行ってしまうと

逆効果になってしまう可能性も・・・。

 

加齢や季節によって肌質は変化していくものなので

定期的にチェックすると安心です。

 

 

 乾燥肌

 

 

水分量も皮脂量も共に少ない

 

乾燥肌(ドライスキン)。

 

・カサカサしている。

・白い粉を吹くことがある。

・ファンデーションのノリが悪い。

・ツヤがない。

・小じわが目立つ。

・洗顔後にツッパリ感がある。

 

などの症状がみられ、肌が常に乾燥しており

潤いが足りずカサつきを感じる状態の肌です。

乾燥によって、肌のバリア機能が低下してしまい

常に水分が蒸発しやすい状況になってしまっています。

 

クレンジングは、オイルのタイプは皮脂を取りすぎてしまい

乾燥へと繋がるので、ミルクタイプのものがおすすめです。

 

乾燥は、セラミドが少ない筝で肌がカサつくと

言われていますので

セラミド入りの保湿効果の高いものを使うと効果的でしょう。

 

 脂性肌

 

 

 

皮脂量も水分量も共に多く

しっとりしている肌(オイリー肌)。

・肌がテカテカ光る。

・毛穴が開いてしまっている。

・キメが荒い。

・メイクが崩れやすい。

・ニキビや吹き出物が出やすい。

 

などの症状がみられ、全体的にベタつきを感じる状態です。

皮脂が過剰に分泌されることで

メイクが崩れやすくなったり、ニキビなどのトラブルに繋がってしまいます。

 

脂性肌の人は

脂っこいものや甘いものが好きな人が多い傾向にありますので

日常生活を1度見直してみるのも良いでしょう。

ベタついていても、保湿は必要です。

さっぱりタイプの基礎化粧品や

オイルフリーの化粧水や乳液を使用すると効果的です。

 

 混合肌

 

 

部分的に肌の症状が異なる肌。

Tゾーンはべたついているが頬は乾燥しているなど

テカリとカサつきが混在しているのでケアが難しい肌です。

大人ニキビなども多くみられる傾向にあります。

過剰な皮脂は抑えつつ、カサついている所にはしっかりと

水分補給をしたりと、部位別にケアをしていくと効果的です。

 

 

 普通肌

 

 

1番の理想の肌です。

水分量も皮脂量も普通の普通肌(ノーマル肌)。

しっとりしていてツヤがあり、メイクのノリも良いとされています。

ニキビなどのトラブルも少なく理想的です。

今の状態をキープする為にも

基本的なスキンケアをしっかり行っていくとよいでしょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket