ブログ
- オイリー肌と乾燥肌と美容鍼 -
4月 23, 2018 11:05 am

 

 

オイリー肌と乾燥肌

あなたはどちらのタイプに

当てはまりますか?

 

 

お肌の悩みと言えば

にきびやくすみなどさまざまありますが

なかでも多いのはテカテカが気になるオイリー肌と

カサカサが辛い乾燥肌ではないでしょうか。

 

その特徴を、肌質別に見てみましょう。

 

○オイリー肌

キメが粗く、毛穴が開いています。

皮脂が過剰に分泌されているため

ニキビなどの吹き出物ができやすく

全体的にベタつきを感じます。

 

そのため、脂性肌と混同されやすいですが

水分はしっかりと補給する必要があります。

 

水分が足らないと、インナードライと言って

オイリーなのに内側の水分が少なくなってしまいます。

 

 

○乾燥肌

カサカサしていて、お肌のツヤがありません。

水分、皮脂がともに少ないのが特徴です。

バリア機能が低下しているため、水分が蒸発しやすく

お肌トラブルが起きやすい状態にあります。

 

 

 肌質を改善する食事

 

 

透明でつるつるなお肌には

思わず目を惹きつけられますよね。

お肌が荒れていると、気分も落ち込んでしまいます。

でも、諦めるのはまだ早いです!

 

お肌トラブルを解決するために

自分でできることがたくさんありますよ。

まずは、身近な食事について見直してみましょう。

 

 

○食物繊維

効果的な栄養素を摂るまえにやるべきことは

腸内環境の改善です。

 

全身に栄養を行き渡らせるためには

栄養を取り込む腸内をキレイにしておく必要があります。

 

豆類やごぼう、きのこ類などの食材を選びましょう。

意外なところでは

アボカドにも食物繊維が豊富に含まれています。

 

つぎに、肌質別におすすめの食事を紹介します。

 

○オイリー肌

過剰な皮脂の代謝を促すためには

ビタミンBが効果的です。

脂質の少ない豚ロースやレバー

納豆に多く含まれています。

 

また、ビタミンB2やカルシウムが豊富な海苔も

毎日食べたい食材です。

 

○乾燥肌

コラーゲンのもととなる、たんぱく質が足りていなと

乾燥肌になることがあります。

肉や魚、乳製品を食べましょう。

摂取カロリーが気になる人は、ささみや赤身

納豆を選ぶと心置きなく食べることができます。

 

美容鍼で肌質改善

試してみませんか

 

食事内容の改善に加えて

ぜひ取り入れたいのが美容鍼です。

お肌の生成には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が

大切な役目を果たしますが

これらが存在する真皮層はお肌の深部にあり

エステやマッサージではなかなか作用しません。

しかし、美容鍼は奥深くまで届くので効果的な治療が行なえます。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket