ブログ
- 膿が出るニキビと美容鍼 -
4月 21, 2018 11:57 am

 

女性のお肌は

とてもデリケートです

 

 

花粉の飛散が本格的に始まって

アレルギー持ちの人にとってはつらい季節です。

お肌も敏感になって、少しの刺激で荒れやすくなりますよね。

 

乾燥やかゆみ、または脂っぽいなどお肌のトラブルは

さまざまありますが

ニキビは必ずと言っていいほど上位に上がります。

 

たとえ小さくても、ニキビがひとつできただけで

とても目立ちますし、気分も下がってしまいます。

 

 

ニキビにもいろんな種類があるの?

 

 

10代から大人まで

幅広い年齢層で悩みのタネとなるニキビですが

一口でニキビと言っても実際にはいろんな種類があります。

 

○白ニキビ

ニキビの初期で、炎症を起こす前の段階です。

非炎症性皮疹(ひえんしょうせいひしん)

または

閉鎖面皰(へいさめんぽう)

とも呼ばれ、毛穴が皮脂や老廃物によって詰まり

内側から盛り上がった状態です。

 

○黒ニキビ

白ニキビが進行すると、黒ニキビになります。

白ニキビと同じくまだ炎症は起こしておらず

開放面皰(かいほうめんぽう)

とも言います。黒く見えるのは

毛穴のなかの汚れが酸化しているからです。

 

○赤ニキビ

白ニキビ、黒ニキビよりさらに一段階進んだ状態です。

毛穴に詰まった皮脂を栄養として

アクネ菌が増殖し炎症を起こします。

皮脂の過剰な分泌が主な原因です。

 

○黄ニキビ

頬やあご、生え際にできるのが特徴です。

赤ニキビが悪化すると、化膿して赤く腫れ上がります。

膿が出るニキビは、この黄ニキビに該当します。

 

ニキビができないようにするためには?

 

 

ニキビが悪化してしまうと治りにくく

また痕が残ってしまう場合も多いです。

あらかじめ、ニキビができないようにすることが大切です。

 

○ビタミンBを摂る

食生活の乱れは、そのままお肌トラブルとなって現れます。

ビタミンB2は、皮脂の分泌量を調整する役割があります。

また、ビタミンCには抗酸化作用があり、

お肌の生成を助けます。

ビタミンEはホルモンバランスを整える働きがあるので、合わせて摂れると良いですね。

 

○基本のスキンケアを守る

スキンケアの基本は、保湿をしっかり行なうことです。

これは、ニキビができてしまったときも同様です。

化粧品に含まれる油分は

ニキビのもとになってしまうこともあるので控えめにしましょう。

代わりに、たっぷりの水分で潤いを十分に与えましょう。

 

保湿ケアをきちんとすることで

角質が柔らかくなり毛穴が詰まりにくくなります。

お肌のバリア機能もアップするので

つやつやの健康肌を維持することができます。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket