ブログ
- 美容鍼と大人ニキビ -
4月 17, 2018 3:57 pm

 

頬から顎(あご)にかけてのフェースラインに

ニキビが気になることはありませんか?

実はこの春先は「大人ニキビ」が多くなる季節と言われています。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビ

 

 

◎思春期ニキビとは

皮脂の分泌が過剰になりやすい時期にできるニキビです。

皮脂によって毛穴が詰まることが原因なので

おでこや鼻などの皮脂の多いTゾーンを中心に

ニキビが拡がります。

 

◎大人ニキビとは

・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・生活習慣の乱れからくる胃腸の不調
・乾燥による肌バリアのダメージ

これらが「大人ニキビ」の原因であると言われています。

頬から顎にかけての

皮脂の少ないUゾーン(フェースライン)にできるのが特徴です。

 

 

原因①

ホルモンバランスの乱れ

 

 

体内には様々なホルモンがありますが

ニキビや肌荒れに影響するのは

「女性ホルモンと男性ホルモンのバランス」

です。ストレスを強く感じるとコルチゾールやアドレナリンといった

ストレスに打ち勝つための抗ストレスホルモンが分泌されます。

 

これらのホルモン分泌が続くと体内にある男性ホルモンが

刺激され皮脂分泌が増加し、

肌の角質を厚くするのでニキビができやすくなるのです。

 

顔の中でホルモンバランスの影響を受けやすいのが

「顎(あご)」。

顎は汗をかきにくく毛穴も少ないので

皮脂が少し増えただけでも毛穴が詰まりニキビができやすくなります。

頬から顎にかけてのUゾーンはズバリ男性のひげが生える部分です。

 

この部分にニキビができる場合は

「男性ホルモンが影響している→ストレスを抱えている」

が原因の可能性があります。

 

 

原因②

乾燥による肌バリアのダメージ

 

 

思春期ニキビのように過剰な皮脂分泌が

ニキビの原因と考えがちですが

大人ニキビは「乾燥」も原因となります。

・肌が乾燥すると、肌表面を保護するため

 皮脂分泌量が増え毛穴を詰まらせる角栓となり、ニキビができる。

・乾燥により毛穴周辺のターンオーバーが過剰になり

 毛穴を詰まらせてニキビができる。

肌の乾燥がニキビの原因になるメカニズムはこのように考えられています。

顔の部分的な水分不足(水分量にバラつきがある肌)が

ニキビになりやすい状態だと言われています。

 

寒暖差によるストレス、紫外線ダメージなどは

肌のバリア機能を低下させ、肌乾燥を引き起こします。

空気が乾燥し、日中と朝晩の寒暖差が大きく

紫外線量が急激に増え始める春先は

肌乾燥から大人ニキビができやすい季節なのです。

 

 

大人のニキビ対策

 

 

正しいスキンケアで肌乾燥を防ぐことが大切ですが

大人ニキビはホルモンバランスや体調が大きく影響します。

大人ニキビができていたらそれは体からの「サイン」です。

 

どこかで無理をしていないか、

ストレスを感じていないか、

自分自身に問いかけてみましょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket