ブログ
- 猫背と美容鍼 -
4月 10, 2018 3:59 pm

冬は猫背になりやすい

 

まだまださ寒い日が続きそうですが、

コートやアウターのポケットに手を入れて歩いていませんか?

お尻の後ろのポケットに手を入れるのは

胸筋が開くので◎ですが、横のポケットに入れると

両肩が前に出て背中が丸まり猫背の癖がつきやすくなります。

 

ただでさえ人間は寒いと、

内臓を守ろうと自然に前かがみになります。

就寝の時も寒さで小さく縮こまりがちな季節です。

せめて外を歩く時は正しい姿勢で颯爽と歩きたいものです。

 

では猫背は私たちの体にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

猫背になることで生まれる弊害

 

①酸素不足になる

背中が丸まっていると胸も閉じた状態になるので

深呼吸ができず心肺機能が低下します。

酸素が不足すると、血液に乗って全身に必要な酸素が行き渡らなくなり、

特に酸素を必要とする脳が酸欠状態になると、

脳の疲れが取れなくなり集中力の低下や物忘れなどの原因になります。

 

ボーっとする時間が長くなり、何事にも無気力になったりします。

 

美肌の面から見ても、酸素の不足している肌細胞はコラーゲンや

その他の栄養分を保持する力が弱くなり、

キメの整った肌からは遠ざかってしまいます。

1日に3回は胸郭を開いて深い呼吸を心がけましょう。

 

 

②肩こり・腰痛

猫背になると重心が前に傾くので、

肩や腰に必要以上の負荷がかかり、痛みとして現れます。

またこの状態が続くと腹筋や背筋が適切に使われず

筋力不足になるので、肩や腰の周りが血行不良になってしまいます。

筋力が落ちると基礎代謝も低下するため、

痩せにくくなる原因にもなります。

 

 

③二重あごになりやすい

猫背の時は、首の後ろが縮まり、

顎が前に出たままになりやすいです。

首の前側の皮膚が伸びっぱなしになってしまい、

収縮する力が衰えてしまいます。

そして使われない首の筋肉のせいでリンパの流れが滞り、

老廃物や不要な水分が溜まるので二重あごになりやすいです。

 

 

 

猫背を改善して心身ともに健康に

 

健康の面から見ても、美容の面から見ても

猫背であることはマイナスになることばかりです。

猫背の改善には自宅でできるトレーニングもありますし、

日々歩く姿勢に気をつけるだけでも効果が期待できます。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

 

アンチエイジングを目的とした美容鍼や

全身のバランスに着目したバランス整体も行っております。

顔のお悩みが、実は日頃の姿勢や

骨格の歪みと関係していることも多いです。

 

まずはお気軽にお問合せくださいね。

 

気になる方は是非コチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket