ブログ
- 春のスキンケアと美容鍼 -
3月 28, 2018 5:18 pm

 

【なぜ春は肌荒れしやすいのでしょう?】

乾燥して肌がガサガサになりやすい冬が終わり、

春が来たと喜んでいるあなた。

実は、春はとても肌荒れしやすい季節だって知っていますか。
春になると日中は気温が上がり、過ごしやすくなりますが、

温度の上昇に比べて湿度はあまり上がりません。

 

ですから、春の肌はとても乾燥しやすくなります。
しかも、肌の大敵である紫外線は

夏に向けてじわじわと増えていきます。
あまり紫外線対策をしていなかった冬の延長で、

うっかり日焼け止めを使わずに外出すると、

肌がダメージを受けてしまいます。
さらに怖いのが、

飛散する花粉と黄砂。

特に微量の化学物質を含んだ黄砂は、

肌に接触するとダメージを与える上に、

黄砂を吸い込むことで体内の免疫機能が過剰に反応し、

花粉症などのアレルギー症状が出やすくなるのです。

 

 

【環境変化によるストレスもお肌の大敵】

卒業や入学、転勤や職場の移動など、春は別れと出会いの季節。
この春、環境が変わる人も多いのではありませんか。
実は、この環境変化によるストレスが、

肌トラブルの原因となることが多いのです。
「なんだか不安でよく眠れない」

「イライラして気分が落ち着かない」など、

ストレスや不眠といった精神面の不調は、肌の代謝を低下させ、

外部の刺激から肌を守るバリア機能がうまく働かなくなります。
それに加えて、春は自律神経が乱れる時期。

冬に活発だった「交感神経」から、

夏に活発になる「副交感神経」への切り替え時期のため、

自律神経のバランスが安定せず、自律神経が乱れがちになります。
新しい環境に慣れるまでのストレスは、

自律神経の乱れを増長させるため、

肌トラブルをより招きやすくなるのです。

 

 

【春の肌トラブル対策はまず保湿から】

肌荒れしやすい春のスキンケアのポイントは、お肌の「保湿」です。
保湿のためにぜひ気を付けたのは、洗顔方法。

肌トラブルを予防するために、

次のことに注意して洗顔してみてください。

 

〇低刺激で保湿成分配合の洗顔料を選ぶ
肌についた花粉や黄砂はお肌を痛めるもとなので、

外出から帰ったらすぐに洗顔して、

花粉や黄砂を洗い流してしまいましょう。
なるべく低刺激で保湿成分が配合された

クレンジング剤や洗顔料を使うのがポイント。
洗顔する時は肌をこすったりせず、洗顔料をよく泡立て、

細かい泡をなでるように汚れにふくませ、

ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

〇洗顔後はすぐに保湿を忘れずに
洗顔したら、すぐにたっぷりの化粧水で肌に水分を含ませてあげます。
その後、乳液やクリームをつけて、

せっかく含ませた水分が皮膚から

蒸発しないようにふたをすることが大切です。

保湿を意識したスキンケアで美肌になって、

素敵な春を満喫しましょう。
【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket