ブログ
- 頭痛と美容鍼 -
2月 27, 2018 4:35 pm

 

【頭痛の原因はいろいろ】

頭痛はさまざまな原因やきっかけが関連して起きる疾患です。

また習慣性や体質等もあり、

一概に「完治した」という状況にならないことも

多いやっかいなしろものです。
きっかけとして外傷性のものや、心因性のもの、習慣性のある頭痛では、

根本に首や肩の筋肉のコリが影響していることも多々あります。

 
ただし、中には、脳の疾患が原因の場合もあるので、自己判断は危険です。

 

まずは医療機関で検査してもらいましょう。

そして、医療機関で、検査結果に異常がなく、

おそらく首や肩のコリが原因の頭痛だと言われた場合は、

鍼の施術を考えてみると良いでしょう。

 

その場合、勿論、首コリ、肩コリを緩和するための施術が中心となりますが、

頭部に顔・首・肩・背中・腕と全部つながっているので、

当然顔への美容鍼の施術も関係してきます。

 

頭痛の原因を幅広くとらえ、根治療法を目指す施術をプランすると、

頭痛の状態も次第によくなります。時間はかかるかもしれませんが、

総合的に施術し、ひとつひとつ原因を取り除いていくことで、

頭痛の状態がかなりよくなっていきます。幅広い施術が結果的に功を奏しますので、

こと頭痛に限っては、気長に取り組む重要性もあるんですね。

 

 

【肩や肩甲骨のコリを緩和する】

肩や肩甲骨の周辺が凝ってしまうと、肩から上の部分、

頭部も血流が悪くなってしまいます。

すると、顔や目への血流も悪くなり、脳への酸素不足を引き起こしたり、

眼精疲労を引き起こしたりします。

 

血液が、新鮮な酸素や栄養分を運ぶので、こういった事態が起きます。

肩コリは意外なほど、頭部への影響があるのですね。

まずは、頭部の血流を悪くしないためにも、

肩コリ、首コリの軽減は必須なことがわかりますよね。

 

 

【顔の神経のリラックスも大事】

長時間スマホやパソコンの画面を見ることの多い現代人ですが、

長時間顔の筋肉を動かさないでいると、顔の血流も悪くなり、

常に皮膚表面が低温状態になってしまいます。

 

サーモグラフィーで見た時に、真っ青の状態になってしまっては、

さすがに筋肉も硬くなってしまいます。

 

血流がわるいせいで新鮮な酸素や栄養分が送られず、

新陳代謝にも影響を及ばします。

 

また、顔の筋肉が凝ることで、目の周りの筋肉も硬くなり、

眼精疲労にも関連してきます。

 

眼精疲労が慢性化すると、頭痛の引き金にもなります。

顔には、眼精疲労にも効くツボがありますので、

施術してみると良いかもしれません。

眼精疲労のツボだけでなく、顔の筋肉全体の柔軟性が頭痛の防止には重要です。
一度、頭痛の緩和にも役立つ美容鍼の施術について相談してみると良いでしょう。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket