ブログ
- 瞳の乾燥と美容鍼 -
2月 24, 2018 4:09 pm

 

【瞳の乾燥は、なぜ起こる?】

瞳の乾燥は、なぜ起こるのでしょうか?

 

瞳の乾燥は、日々パソコンやスマホの画面を

長時間見たりしている現代人共通の悩みです。

 

現代では、仕事でパソコン等のOA機器を使用する機会も多く、

知らず知らずのうちに目を酷使しています。

 

では、なぜパソコンやスマホの画面を見ていると、

瞳が乾燥してしまうのでしょうか?

 

それは、じっと注視することで、まばたきの回数が減り、

まばたきが減ると涙が瞳を潤す回数が減り、

それが瞳の乾燥を招いているからです。

 

 

【瞳の乾燥の酷い人はどんな人?】

瞳の乾燥の酷い人は、どんな人でしょうか?

それは、目を酷使する職業の人が多いようです。

例えば、OA機器を使用して仕事をしている人、運転手さん等です。

 

また日頃からストレスの多い状況にさらされていると、

交感神経が優勢の時間が長くなり、

まばたきも少なくなるので涙の分泌が減ってしまいます。

 

人は、まばたきをする時に、涙の成分が瞳を潤し、乾燥を防いでいますが、

まばたきの回数が注視やストレス等で減少すると、

瞳を潤すに足る涙の量が行き渡らない状況が続いてしまいます。

 

するとドライアイを引き起こし、抵抗力が弱くなって、

感染症やさまざまな眼病の引き金となってしまいます。

 

コンタクトレンズの着用についても注意が必要です。

あまり長時間つけていると、涙が十分に角膜へ行き渡らない為、

瞳の乾燥、ドライアイを引き起こしてしまいます。

 

 

【瞳の乾燥を防ぐには?】

瞳の乾燥を防ぐには、普段の生活で、

まばたきの回数が減らないように気をつけることが大事ですが、

仕事でどうしても注視したりパソコンに向かったり、

運転をしたりすることはどうにもなりませんから、

目に潤いを与えて潤す工夫が大事です。

 

ドライアイ用の目薬も販売されていますので、

そういった形で潤いを補充してあげるだけでもドライアイ防止に役立ちます。

ただ、瞳の乾燥は、表面から補うだけではだめなので、

自身の涙で十分潤す能力を高めることも重要です。

 

それには、ストレスを軽減することも重要です。

瞳の表面への対策として、まばたきの回数が減らないように気を付け、

目薬等で必要な成分を補い、潤し、ストレスをなるべく感じずに

過ごせるオフの時間にリラックスして過ごすことを心がけるだけでも、

目の潤いの状態も変わってきます。

 

顔の目の周りの筋肉の緊張をほぐしたり、

日頃のストレスから解放されてリラックスしたい時は、

美容鍼の施術を受けてみるとよいかもしれません。

顔にも数多くのツボが存在します。

その中には、目の疲れをとる効果のあるツボも存在しますので、

試してみる価値はありますよね。目の疲れをとり、血行が良くなり、

結果として目の周りの筋肉もリラックスして涙の分泌量も増えれば、

瞳の乾燥の防止に役立ちます。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket