ブログ
- むくんだ顔と美容鍼 -
2月 18, 2018 6:59 pm

 

【顔がむくむのは何が原因?】

顔に限らずむくみの原因となるのは何かと言えば、

ひとつには

「水分代謝の滞り」

があげられます。

 

人間の体には、リンパ管が張り巡らされており、

その「リンパの流れ」が老廃物や体内の余分な水分を

排出してくれる働きを担っています。
ところが、リンパの流れが滞ってしまうと

排出されるべき余分な水分や老廃物が体内に残ったままになり、

それがむくみを引き起こしていると考えられます。
もうひとつ、見逃してはならないのが

内臓疾患

です。

 

腎臓機能の低下や妊娠中の妊婦さんであれば、

 

妊娠中毒症等

の可能性もあります。

 

他にもむくみが発生する内臓疾患もあり、

単純に水分代謝を原因と決めつけてはいけません。

 

少しでも体調に気になる点があれば

医師の診察を受ける必要があることは言うまでもありません。

ここでは、あくまで、疾患によらない顔に限った一時的な

むくみへの対処方法について考えてみました。

 

 

【お酒・糖分・

塩分のとりすぎ】

お酒を飲んだ翌日、

顔がむくんでいることってよくありますよね。

 

本来、お酒は、特にビール等は利尿作用があり、

水分を体外へ排出する働きをしますが、

あまり大量に飲み過ぎると、

排出が追い付かず体内に水分が溜め込まれてしまいます。
お酒を飲んだ翌日、顔がむくんでしまうのです。

 

塩分の摂り過ぎもむくむ原因になります。

 

それは、塩分が水分を取り込んで離さないからです。

塩分を摂りすぎると体の細胞の中で

非常に塩分濃度が濃くなってしまいます。
すると、細胞の外と浸透圧のバランスを

とろうとして水分を多く取り込むのです。

同じような理由から糖分の摂りすぎも

水分を溜め込む原因になるとみられています。
むくんでしまったら、排出機能のある食品を

摂取することが必要になってきます。

水分の排出に役立つのが

カリウムの摂取

です。
カリウムを多く含む食品は、

バナナ・キウイ・アボカド・わかめ等です。

 

アルコールや塩分を摂り過ぎてしまったと思ったら、

まずはこれらのカリウムを含む食品を摂取して、

体の中から余分な水分の排出をしましょう。

むくまないように気をつけるには、

まず日頃の食生活を見直すことが重要と言えそうですね。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。
顔のむくみで気になることがあれば、美容鍼の効果も期待できます。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket