ブログ
- 顔の筋力トレーニングと美容鍼 -
2月 2, 2018 9:26 am

 

【顔の筋肉って簡単に

動かせる部位ばかり?】

顔の筋肉は、顎の関節を大きく開閉したりする筋肉、

まぶたの筋肉、額の筋肉、頬の筋肉、口の周りの筋肉等、

部位や筋肉の大きさ、表情によって受ける影響などが違います。
顔の筋肉を表情筋と言う理由がここにあります。

部位によって、顔の表情を動かすことで筋肉が鍛えられ、

トレーニングできる部位の筋肉と、動かすことが難しく

トレーニングが難しい部位の筋肉とがあります。

 

例えば、まぶたの筋肉や、口の周りの筋肉は、

自分で容易に動かすことができ、

筋力トレーニングをすることも可能ですが、

他の部位については、トレーニング自体

なかなか大変であったり、

トレーニングしようと自力で動かすことで、

同じ筋肉を同じ方向ばかりに反復繰り返し

動かすことになり、よりシワができやすくなったり、

既にできてしまったシワの溝を深くしてしまうなどの

弊害もでてきますので、注意が必要なのです。

 

【自力ではトレーニングできない

 顔の部位を知る】

では、自分ではトレーニングできない顔の部位は

どこでしょうか。

 

考え方としては、筋肉の大きさや表情によって

動く部分かどうかで大体判断できます。

大きな筋肉の部分としては、まずは頬です。

頬の筋肉は確かに笑うことで、口角があがり、

それにつられるように上へあがります。

 

でも頬の筋肉自体が伸び縮みして上へ上がるのではなく、

どちらかと言うと、口角の筋肉によって上へ

押し上げられる動きなのです。

 

どちらかと言うと頬の筋肉は、常日頃から、

重力によって下へ引っ張られ、下がろうとしています。

頬の筋肉が下へ引っ張られて下がろうとし、

笑うことで口角があがり、

口の周りの筋肉は頬を上へと押し上げます。

これが反復繰り返されることで、頬と口の間に

「ほうれい線」が深く刻まれるのです。

頬自体は、自力で筋力トレーニングできない

部位だと認知すべきです。

 

【顔の筋肉を刺激する美容鍼】

美容鍼は髪の毛よりも細い針で筋肉を

直接刺激する美容方法です。

筋肉に直接アプローチをすることでたるみを改善して

通常では自力で筋トレできない頬の部分を

刺激することが可能です。

ほうれい線が特に気になっている、

深いしわが出来て悩んでいる方には美容鍼など

自分ではできなアプローチ方法も、

改善するには一つの方法だと言えます。

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket