ブログ
- 目の大きさと美容鍼 -
1月 28, 2018 9:23 am

 

【顔の大きさやむくみに

 影響される目の大きさ】

とかく美人・イケメンの人の顔の定義で、

目の大きさが要素に入っている場合があります。

勿論、主観的な好みは人それぞれですので、

細い切れ長の目人気も定着していますが、

漫画やアニメのアイドルキャラクター等では

一様に大きなぱっちりした目の主人公が

圧倒的多数を占めます。

 

また、女性がメイクをする時に描くアイシャドウや

アイライン・つけまつ毛などは、全て

ぱっちりした目に見せる為のテクニックの手法と言えます。

 

人の顔の印象は、メイク等で大きく

変えることができますが、もともとの顔の輪郭や

パーツ毎の大きさなどはあまり大きく変化して

見せることはできません。

 

では、メイク以外で、どのような工夫をすれば

目を大きく見せたりすることができるでしょうか。

 

それは、食事内容に気をつけたり体調管理を

しっかりすることで、顔のむくみが出ないようにしたり、

表情筋を鍛えて、頬や目の周りの筋肉のたるみを

つくらないようにしたりすることが可能です。

 

体調管理で気をつけることは、むくみです。

顔がむくむ原因は、前日お酒や水分を摂り過ぎたり、

うつぶせ寝で寝るとむくんだりします。

 

また、食事の中で塩分を摂り過ぎたりするのも、

むくみとなって表れます。顔がむくむことで、

どうしても目が小さく見えてしまうのはよくあることです。

 

まず、目を大きく見せたいのなら、

顔がむくまないように気をつけなければなりません。

 

【日本人の標準的な

 目のサイズを知る】

日本人は欧米人に比べて目はそんなに

大きくはないので、個人差もあまりありません。

数字の上から言っても、せいぜい8ミリ程度です。

普通サイズで、縦1cm横2.8cmです。

ぱっちりとした大きな目という印象の人でも、

せいぜい縦1.8cm、横3.6cm程度です。

 

そこからわかるのは、mm単位で目の大きさが

変わるのなら、せめて顔をむくませないように

したいという事です。

 

顔のむくみもそうですが、目の周りの

腫れにも注意が必要です。

前日に泣いたりした場合、余分な水分を摂り込み

まぶたが熱を持ちながら腫れるという現象が起きます。

こうなると、何をもってしてもぱっちり目には見えません。

余分な水分が肌の内部に溜まることで、

リンパの流れが悪くなり老廃物も流れずに

滞留してしまうことでむくんでしまいます。

 

【まぶたや目の周りの

 むくみで小さな目に】

まぶたのむくみは、夜の睡眠中に

じわじわとおきています。

水分は高いところから低いところへ流れるため、

例えばうつぶせ寝で寝たりすると、

自然にまぶたに水分が溜まります。

 

また、むくみの原因として、前日の食生活も

関係しています。夕食で塩分の濃いものを食べ、

お酒も飲んだとなれば、むくむのも

当然の結果と言えます。

 

それは、アルコールを摂取すると、

血中アルコール濃度が高くなり、血管が

拡張するので水分量が増えます。

そして水分の処理が間に合わず、むくむのです。

 

また肥満によって顔に脂肪が付き過ぎると

目の周りもむくんだようになり、

やはり目が小さく見えてしまう原因になります。

 

まぶたに脂肪が付き過ぎると、眉毛の下あたりの

くぼみもなくなり、全体的にのっぺりとした

凹凸の無い顔立ちになります。

まぶたは一度肉が付くと、痩せるのは大変です。

目の周りの運動といってもまばたき位しかなく、

さほど運動強度も強くないので、痩せるほどの

運動にはならないからです。

 

目を大きく見せるためには顔全体のむくみをとって、

小顔をめざすことがポイントになります。

 

食生活や睡眠中の寝姿勢に気をつけて、

むくみがでないようにしていても、

肥満で脂肪がついてしまったり、

全体的に小顔になりたいという場合は、

顔全体の血行を良くすることが先決なので、

美容鍼の施術も試してみるといいかもしれません。

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket