ブログ
- 美容鍼の即効性 -
1月 26, 2018 9:22 am

 

【美容鍼はどんな効果があるの?】

美容鍼の施術を受けようとするきっかけは

いろいろあると思いますが、美容液や

栄養クリーム等外側から皮膚へのアプローチを

いくらしても一向に効果を感じられないと言った

悩みに直面した時が一番多いようです。

 

「自分なりにお肌のお手入れには

気を使い努力しているのに、なぜ?」

 

「マッサージしてもコラーゲンの

サプリメントを飲んでも一向によくならない。」

 

そんな悩みを感じた事はありませんか?

そうなのです。その感覚は正しいのです。

それは、ひとつのアプローチ方法が欠けているからなのです。

 

【お肌へのアプローチは皮膚表面からと

 体の中からともうひとつある】

お肌には、外からのアプローチと体の内側からの

アプローチの両方が必要なのですが、

外からのアプローチの中で、自分自身で

できる事は、限られています。

 

それは、お肌のために良いとされている成分を

含んだ化粧水や美容液、クリーム等を塗ることです。

 

専門知識のない自分でできるのはそこまでです。

そして、「体の中から美しく!」とばかりに、

コラーゲンドリンクやカプセルを飲んだり、

ビタミンCやビタミンE等のサプリメントを摂取します。

 

そして、老廃物を体の中に溜め込まない為に、

酵素ドリンクやカプセルを飲んだりしなければなりません。

もう、自分としては、目一杯の努力をしているつもりです。

でも、もうひとつ、大事なアプローチ方法を忘れているのです。

 

それは、自己治癒能力を引き出すアプローチ方法です。

自分自身の持つ、お肌の再生能力を高める方法です。

お肌の再生能力を高めるというのは、

真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成を

活発にすることです。

 

コラーゲンを生成するにあたってビタミンCが必要となりますが、

体内に活性酸素が多いと、ビタミンCが活性酸素の除去に

使われてしまい、コラーゲンの生成に使う分が

確保できなくなります。

 

これを助けるのがSOD酵素と呼ばれるものですが、

このSOD酵素は加齢とともに生産量が減少します。

 

ところが、美容鍼の施術をすることで、

その生産量が増加し、コラーゲン生成を活発に

することが可能なのです。どんなに優れた美容液でも、

お肌の角質層には届いても、その奥深くにある

真皮層にまで到達するものはあまりありません。

 

ですが、美容鍼の施術は、お肌の真皮層に直接

働きかけることができるのです。

その為、個人差は勿論ありますが、

「目の周りのたるみが消えた!」とか

「深かったほうれい線が3カ月ほどでうすくなった!」等の

効果の即効性が実感できる人も表れています。

 

勿論、お肌のお手入れに、これで完璧という

ゴールはありませんが、継続して2ヶ月、3カ月と

通ううちに、効果が定着してくるのも事実です。

 

お肌のお手入れで、自分なりにとても努力しているのに、

1年も2年も同じ状況で、たちうちできないと

感じる悩みには、はやめに美容鍼の施術を

試してみるのも良いかもしれませんね。

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket