ブログ
- 乾燥した肌と美容鍼 -
1月 18, 2018 4:57 pm

 

1年の中で特に

乾燥を感じる季節・・・冬

 

お肌の乾燥や腕や足の乾燥、

下手をすると体全体にカサつきを感じる冬。

 

なぜ1年の中で冬が

一番乾燥していると

感じるのか、

不思議に思いませんか?

 

汗をかく季節は常に湿度を

感じることが多いので

乾燥とは無縁のように見えますが、

本当はそうではなく、

汗をかいている皮膚の下は

乾燥していることも実は多いんですよ。

 

汗をかく夏の肌の保湿を

おろそかにしていると、

秋や冬に急に汗をかかなくなったときに

乾燥を感じる・・・

これが1年の中で冬に

一番乾燥を感じるようになるサイクルです。

 

細胞が入れ替わるのに

約90日かかるとすると、

例えば8月にケアを怠った肌は

11月頃から表面に出てくるわけですから、

1年を通して季節に合った

保湿をしておくことが

トラブルの少ない肌を維持する

ことにも繋がります。

 

 

今すぐなんとかしたい

冬の乾燥

 

そうは言っても、3ヵ月前のケアに

時間をさかのぼることはできませんから、

今すぐなんとかするには

どうすればよいのでしょうか。

 

・温める

やはり秋から冬に一番変化が

あるのは外気の温度ですよね。

常に外に出ている部分だからこそ、

温められる時はじっくりと

保温することが理想的です。

 

お風呂での入浴で体全体を

温めながら、全身の血行を促して

保湿しやすい土台作りを

心がけましょう。

 

入浴している余裕がない時も、

足湯や手湯などを行い、

局所的にでも保温することが大切です。
冷たい手で化粧品を使うよりも、

温めた手でスキンケアを

行う方が肌への浸透も早くなります。

・きちんと落とす

冬はただでさえ寒いので、

メイクオフの時間を短縮したり、

メイク落としシートを活用したりと、

細かい所まで行き届いたケアを

怠ってしまう気持ちはよくわかります。

 

しかし効果的な保湿は、

余計なものが残っていない

肌にするのが一番です。

 

汚れや古い角質が

残ったままになっていると、

保湿できないでけではなく、

吹き出物の原因にもなりますので

気をつけましょう。

 

・ 保湿の後にコーティング

保水力が低下している

肌のお手伝いをしてくれるのは、

乳液やオイルなどの

水分を閉じ込める働きをしてくれるものです。

 

夏場は乳液を使うと肌に

重たいように感じていても、

季節によって必要なスキンケアは

違ってきます。

 

その時の肌をよく観察し、

季節と状態に合ったスキンケアを

続けていきたいですね!

 

 

冬の保湿と美容鍼

なんともならない肌トラブルに

何を使っても改善されないと感じたら、

専門家の意見を仰ぐことも

時には大きなヒントになることも。

 

今の肌の状態を知って、

アンチエイジングを

目指してみてはいかがでしょうか?

 

やすだ鍼灸整骨院では

最新の美容鍼を行っております。

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket