ブログ
- 美容鍼と顔のシミ取り -
1月 6, 2018 6:52 pm

 

【どうにかしたい!顔のシミ】

なにげなく鏡を見ていたら、あれ?これ何?なんと、

シミを発見してしまった!お化粧をしてもごまかしきれないし、

なんだか老けて見える…とっても落ち込んでしまいますよね。
シミ、と一口に言っても、実はいろんな種類があります。

まずは、自分のシミがどのタイプに

当てはまるのか確認してみましょう。

 

 

【シミにはいろんな種類があるって

知っていましたか?】

 

○老人性色素斑

(ろうじんせいしきそはん)

もっとも多くの人が悩んでいるシミです。

紫外線が原因でできるので、

別名は日光黒子(にっこうほくろ)

と言います。ほお骨の高い位置やこめかみにできやすく、

境界がはっきりしています。
サイズは、数ミリから大きくても数十ミリ程度で、

まばらにできます。

年齢を重ねると、急激に増える傾向があります。

 

 

○肝斑(かんぱん)

目尻の下からほお、

口のまわりに左右対称にできるのが特徴です。

濃淡が均一で、30~40代女性に多く見られ、

閉経後は消えていくことなどから、

女性ホルモンに関係してできると言われています。

 

 

○そばかす

鼻を中心に、ほおにかけて広がる小さいシミです。

遺伝的要素が強く、小学生頃からできるのが一般的ですが

早いと3歳ころからできる人もいます。

成長するにつれて増える場合があります。

 

 

○炎症性色素沈着

(えんしょうせいしきそちんちゃく)

にきびや虫刺されと言った外的要因によってできるシミです。

そのため、性別や年齢に関係なくできます。

お肌に合わない化粧品を使用したり、

転んでできたケガが炎症を起こしてシミになることもあります。

 

 

【顔のシミを取りたい!

何をすればいい?】

顔のシミが気になるなぁ、と思ったとき何をしますか?

最初は、皮膚科や美容クリニックで診察を受けるのが

一般的ではないでしょうか。

シミ取りの治療には、

主に外用薬や内服薬が処方されます。

 

レーザーが用いられる場合もあるので、

予算や効果などを考慮して自分に合った

治療方法を見つけましょう。

 

また、顔のシミ取りには美容鍼が

効果的って知っていましたか?

シミができる原因はいろいろありますが、

根本はお肌の奥深くにあるので、

エステやマッサージなどでは改善を望めません。

特に老人性色素斑や肝斑にはその効果を発揮します。

シミに効くだけではなく、

赤ちゃんのようなぷるぷるお肌になったり、

たるみが取れてフェイスラインがすっきりしたりと、

よいことづくしです。

興味をお持ちの方は、

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket