ブログ
- ほくろと美容鍼 -
12月 20, 2017 3:45 pm

 

ほくろは個性のひとつだけれど

よく女優さんやタレントさんに、

ほくろがチャームポイントの人もいるように、

ほくろは、その人の個性と捉えることも多いですよね。
それでも、女性は、気になる場所に大きさが大きかったり、

変な形や色のほくろがあると、

「取ってしまいたい」

と思うこともあるようです。

 

ほくろを取ることでどのような身体的影響があるのかは

医学的な見地から医師の判断を仰がなくてはいけませんが、

仮に、美容皮膚科等で、ほくろを除去した場合、

その術後のお肌のお手入れにはさまざまな

選択肢があると言っていいでしょう。

 

 

美容皮膚科の

レーザー治療でほくろ除去

レーザー治療によるほくろ除去は、

短時間ででき、メスを使わない為痛みは少なく、

傷も残りにくく、患部の治癒も早い方法と言えます。
治療の際は、局所麻酔を行うので、痛みも少なく、

メスで切らないので出血もほとんどありません。

 

特に、炭酸ガスレーザーを使用すると、

ほくろ部分の皮膚のみに作用するので、

ほくろ以外の深部や周辺の健康な皮膚にダメージを与えなくて済み、

傷跡が残りにくく治癒も早いです。

 

 

お肌の修復に重要な役割を

果たすコラーゲンと美容鍼

ほくろ除去をしたあとは、

普通のお肌のお手入れと同時に、

皮膚の一部がレーザー照射によって削りとられたわけですから、

多少なりとも皮膚組織が傷ついています。
まず、その傷を修復することが必要です。

傷の修復、組織の修復には栄養面では葉酸が必要なのと、

皮膚の真皮層ではコラーゲンやエラスチンが

潤沢にあることが必要不可欠です。
お肌の再生を司るのが繊維芽細胞なので、

繊維芽細胞が元気になれば、コラーゲンやエラスチンの

生成が増えてターンオーバーもうまく行きます。

 

コラーゲンは食品からも摂取できますが、

効果が見えにくく、体のどの部分に作用したのかが

わかりにくい側面もあります。
その点、美容鍼で経穴(ツボ)を刺激することで、

血流やリンパの流れも促せば、老廃物の排出が進み、

肌のターンオーバーもうまくいき、その結果、

自然に傷や赤みや内出血なども改善していきます。

 
やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket