ブログ
- 顔の血色を良くする方法と美容鍼 -
12月 10, 2017 5:17 pm

 

【顔の血色が気になる】

最近、仕事の疲れや睡眠不足のせいか、

なぜか顔色が冴えない…

などと悩んでいませんか?

 

顔の血色が悪いと、

・不健康に見える
・目の下にクマができる
・せっかくメイクしても

冴えない表情になってしまう

など、

悩みの種の一つになってしまいます。
顔の血色が悪い…

目の下にクマがあるみたい…

ということがある場合には、

やはり顔の血行不良が原因という可能性大です。

 

血流が悪くなると、

栄養素が末端まで十分に運ばれなかったり、

老廃物の排出がうまくできなかったりします。

 

その影響で、お肌の新陳代謝やターンオーバーが

うまくできなくなり、顔色がくすんでしまうのです。

 

 

【顔の血行を良くする】

顔色が冴えない時は、

まず、顔の血行を良くすることから始めます。
一番即効性があるのは、やはり、

温かい蒸気の立ち上る

「蒸しタオル」

です。

 

フェイスタオルを水に浸し、よく絞ったものを、

電子レンジで1分温めます。

それを広げてあまり熱すぎない程度にさまし、

顔の上に乗せます。

 

蒸しタオルで、5分程度顔を温めた後に、

化粧水で保湿し、

乳液等で肌表面のすべりをよくして、

全体に優しくフェイスマッサージを行います。
あくまで、

肌表面の血行を促すことが目的ですので、

ぎゅっと抑えたりせず

優しく指の腹でさする程度にします。

 

一番気になるのが目の下のくまなので、

蒸しタオルで目を中心に顔全体を温めたあとに、

目の周りのマッサージで血行を良くすることで

顔の血色を良くすることを目指します。

 

 

【顔の血色を

よくする顔の

ストレッチ】

 

現代人は、

仕事でパソコンに向かっている時間が長く、

普段顔の筋肉を動かす機会が少ないと言えます。
俳優さんや女優さん、お笑い芸人や、

営業職などで接客に携わる時間の長い職業の人等は、

顔の表情筋も鍛えられ、

顔の血流が滞る心配も少ないのかもしれませんが、

 

多くのサラリーマンやOLの人は、

どうしても顔の表情を動かす機会が少なく、

顔の血流は滞りがちです。

 

それを解消するためには、

やはりストレッチが有効です。

一日のうち、何回かは、

口を大きく開けて上あごと

下あごの付け根を開いて動かしたり

(あごがはずれないように注意)、

口の口角を少し上げ気味にして

口を左右に大きく開いたり、

顔の筋肉を適度に動かしてコリや

緊張をほぐすことが大事です。

 

また、最近よく聞く「耳ヨガ」

なども顔の血色を良くする効果が期待できるようです。

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket