ブログ
- 口角アップと美容鍼 -
12月 4, 2017 9:46 am

 

【大事な第一印象、どこで決まる?】

人の印象ってどんなところで決まりますか?

姿勢の美しさや清潔な身なり、

ハキハキした話し方…などさまざまありますが、

顔の表情もイメージを左右する大事な要素です。

 

口角があがってふわっと

柔らかい表情をしている人は親しみやすく、

話しかけたくなる雰囲気を持っています。

 

反対に、口角が下がっていると、

なんだか不機嫌に見えて敬遠したくなりますよね。

 

 

【口角と顔の筋肉】

顔の表情を作るためには、

表情筋が欠かせません。

それと同様に口角を上げる、

下げるための筋肉があります。

 

 

●口角を上げる筋肉

口角挙筋

(こうかくきょきん)

字が表わしている通り、

口角を上げるための筋肉です。

 

口輪筋

(こうりんきん)

 

口を閉じたり、

すぼめたりするための筋肉です。

 

 

●口角を下げる筋肉

口角下制筋

(こうかくかせいきん)

字が表わしている通り、

口角を下げるための筋肉です。

 

広頚筋(こうけいきん)

下あごから肩、胸に広がる大きな筋肉です。

口角下制筋とつながっています。

 

 

長時間のデスクワークなどやスマートフォンの操作など、

現代では下を向く機会が多くあります。

 

すると、

広頚筋が縮んで口角下制筋が下に引っ張られます。

 

結果として、

口角を下げる筋肉ばかりが使われることになり、

上げる筋肉とのバランスが崩れてしまいます。

 

それでは、口角が下がってしまうと、

どんなことが起こるでしょうか。

 

 

○ほほのたるみ
○目がくぼむ
○ほうれい線がくっきりと目立つ
○フェイスラインが崩れる

 

など、老けて見えてしまう要因となり

できれば避けたいですよね。

 

しかし、逆に考えれば口角を上げることで、

これらの悩みを解消できるのです!

 

それでは、口角を上げるためには

何をすれば良いのでしょうか?

 

 

【口角をあげるためには、

どんなトレーニングが効果的?】

 

 

口角をあげるには、

口まわりの筋肉を鍛える必要があります。

 

効果的な方法を3つ紹介します。

 

どれも簡単で自宅でできるものばかりなので、

すきま時間を活用してぜひ試してみてください。

 

 

○舌回し

顔の筋肉を接続している口輪筋は、

もともと固くなりやすい場所です。

 

そのため、口輪筋をゆるめることによって、

他の筋肉も柔らかくなりやすいので

最初に行ないましょう。

歯の周りを舌でぐるっと一周します。

20回行ったら、反対向きも同様に20回してください。

 

 

○割りばしをかむ

割りばしを軽くかんで、2~3分その状態をキープします。

口角挙筋がぐっと上がっているのが実感できるでしょう。

 

○口を「イーッ」の形にする

口のまわりには笑筋(しょうきん)という筋肉があり、

口角を外側に引っ張る役割があります。

おもいきり大きく「イーッ」とすることで、

笑筋を鍛えることができます。

 

 

また、確かな効果を得たい!

と言う人には美容鍼も有効です。

 

こって固まっている顔の筋肉に直接働きかけることで、

リフトアップ、口角アップが期待できますよ。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket