ブログ
- 頬のハリを取り戻すスキンケアと美容鍼 -
11月 16, 2017 12:11 pm

 

【頬のハリがなくなるのはなぜ?】

10代の頃はお肌に弾力があって

「ぷりっぷりの頬」だったのに、

加齢とともになんか頬に元気がなく、

ハリや弾力がないわ…という人がほとんどです。

 

でも、そもそも

「頬のハリ」

って何にささえられているのでしょうか。

 
筋肉やお肌の弾力によるところは勿論、

表皮の問題があります。

 

頬のハリがなくなる原因は、

いろいろあります。

 
加齢・お肌の乾燥・紫外線によるダメージ・

栄養摂取のバランス・表情筋の運動不足・

ストレス等です。

 

私達は、「頬のハリ」を取り戻すためには、

お顔の筋肉・筋膜の支える力と、

表皮のみずみずしさや弾力を

取り戻すことの両方が必要です。

 

 

【ハリを取り戻すための

スキンケア】

 

 

頬のハリを取り戻すためには、

お肌の真皮層がその鍵を握っています。

真皮層では、コラーゲンやエラスチン等が、

お肌の再生を担っています。
そして、そのコラーゲンやエラスチンを

製造しているのが

 

繊維芽細胞

です。

 

 

繊維芽細胞が元気にコラーゲンや

エラスチンを製造してくれれば、

肌本来のターンオーバーがうまくいき、

ハリや弾力も自然と生まれます。

 
なので、この繊維芽細胞を

常に元気に保つことがお肌のハリを保つ鍵となります。

 

そして、コラーゲン生成の時には、

ビタミンCが使われますが、

このビタミンCをいかに

確保するかも重要になってきます。

 

 

【栄養素の働き】

 

ビタミンCは、コラーゲンの生成の他にも、

活性酸素を除去してくれたりする働きがあります。

 

また、活性酸素は、

SOD酵素

によっても除去されるため、

SOD酵素が十分に機能してくれれば、

その分ビタミンCは他のこと、

つまりコラーゲンの生成に寄与できます。

 

SOD酵素とは、

スーパー・オキサイド・

ディスムターゼ

と呼ばれるもので、

老化を促す活性酸素の害から守ってくれたり、

保湿機能を向上させて

肌のターンオーバーを助けてくれる酵素です。

 
こうした、密接に関係している

SOD酵素やビタミンCを十分に確保したり、

繊維芽細胞を元気にしたりすることができれば、

ハリを取り戻すこともできそうです。

 

では、そうするにはどうスキンケアすれば良いでしょうか。

 

まず、加齢による衰えはありますが、

他にも紫外線のダメージから守る・乾燥を避ける・

睡眠・食事などに気を配ること等が大事です。

 

スキンケア用品としては、肌表面から、

ヒアルロン酸やコラーゲンを含んだマスクで

浸透させる商品も出ていますが、

 

どの程度真皮層にまで届いて成果を出すのかは

なかなか難しいところですが、

 

とにかく保湿することは重要ですので、

当然必要なお手入れです。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket