ブログ
- 30代の乾燥肌と美容鍼 -
11月 14, 2017 12:08 pm

 

【お肌の悩み】

お肌の悩み、人それぞれありますよね。

肌トラブルがまったくない!

と自信を持って答えられる人は、

少数派ではないでしょうか?

 

肌質は体質によってさまざまで、

敏感肌、混合肌、脂性肌…などに分けられます。

 

 

【年代別、乾燥肌の原因】

夏場のエアコン、空気が乾燥する秋・冬など、

年間通して乾燥に悩む人も多いでしょう。

 

実は、乾燥肌の原因が年代別によって違う、

ということを知っていますか?

 

 

25歳はお肌の曲がり角、とよく言われます。

お肌の機能は20代半ばで低下するの?!

と驚くかもしれませんが、

 

これは事実です!

 

お肌の潤いを保つ成長ホルモンは、

その分泌量は10代をピークとして徐々に減少していきます。

30代、40代ではピーク時の半分程度になります。
それでは、乾燥肌の原因を年代別に詳しく見ていきましょう。

 

○20代

多くの人が社会人として初めて働きはじめる年代です。

ストレスがかかることも多く、

また不規則な生活や食生活の乱れが

原因でお肌が荒れることがあります。

 

○30代

白髪が生えたり、身体の疲れが取れにくかったり、

自身の老化について初めて感じることがあるでしょう。

 

新陳代謝が衰え、

お肌の水分量が少なくなることで

乾燥による小ジワができてしまいます。

 

○40代

皮膚の保湿機能が低下するばかりか、

新陳代謝のスピードが遅くなることで角質層が厚くなります。

すると必要な水分を保持できず、乾燥につながります。

また、なかには閉経を迎える女性もいるので、

ホルモンバランスが崩れることもひとつの原因です。

 

 

【30代、肌ケアに

気を付けるべきポイントは?】

 

年齢により原因が異なる乾燥肌、

若いころと同じスキンケアをしていても

期待する効果は得られません。

その年齢に合った対策をしましょう。

 
30代は、仕事上で責任ある立場になったり、

育児で忙しい毎日を送るなど、

一般的に生活スタイルに大きな変化がある年代です。

 
また、通常28日で新しいお肌に生まれ変わりますが、

年齢を重ねるとこの周期が長くなる傾向にあります。

 

30代では40日ほどかかると言われています。

 

ターンオーバーが滞って分厚くなった角質層では、

化粧水などが浸透しにくいため乾燥を引き起こします。

 

 

30代のお手入れ方法、

とくに気をつけることはなんでしょうか。

基本は、きちんと洗いしっかり保湿することです。

余分な皮脂やたまりやすい

古い角質をしっかり洗い流せるよう、

洗顔を正しく行なうことが大切です。

 

また、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された

美容液を上手に取り入れて、乾燥を防ぎましょう。

 

 

【やすだ鍼灸接骨院では】

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket