ブログ
- 顔のマッサージと美容鍼 -
11月 8, 2017 1:19 pm

 

顔のマッサージの種類と目的

顔のマッサージと言えば、

 

「小顔マッサージ」

「リンパマッサージ」

などが代表的です。

 

効果の方は体調にもよりますし

個人差によるところもあり、

一概に数値化されたデータがあるわけではなく、

あくまで施術を受けた個人の

感想によるところが大きい分野です。

 

それでも、目的別に施術の方法が異なるため、

あらかじめどのような効果を目的として

施術を受けたいかを明確にしておかなければなりません。

 

目的を意識することで、

施術後の効果も実感できるというものです。

 

顔のマッサージの目的には、さまざまなものがあります。

 

「むくみの改善」

であったり、

「目の下のたるみや

目のまわりの小ジワ改善」

「ほうれい線の改善」

「おでこのシワの改善」

「眉間のシワの改善」

「頬やこめかみ等の

リンパの流れの改善」

「二重顎の改善」

 

等、顔のダイエット効果や

アンチエイジング効果を期待する目的等さまざまです。

 

 

体のマッサージと

顔のマッサージに求める

効果の違い

 

 

体のマッサージというと、

筋肉のコリや緊張をほぐすのが目的で、

血流を良くすることで

筋肉を柔らかくして健康増進に役立てよう

というイメージですが、

 

顔のマッサージとなると、

とたんに「小顔効果」や

「アンチエイジング効果」等の

美容効果が期待されてしまいます。

 

確かに部位が顔である以上

最終目標は美容効果となりますが、

まずは顔の健康増進が

大切なステップであることには変わりありません。

 

顔のマッサージをすることで

日頃の顔の運動不足を解消し、

血流をよくしてリンパの流れもよくし、

緊張やコリをほぐして新陳代謝を高めることで

健康な美顔が手に入ります。

 

この血流とリンパの流れの改善が、

すべての美容効果にも成果を出します。

 

顔マッサージの結果、

顔のむくみが改善されたり、

新陳代謝がよくなり肌荒れが改善されたり、

コジワやほうれい線の改善につながったり、

余分なむくみがとれて小顔になったり、

という嬉しいおまけの結果がついてくるのです。

 

これは顔の血流やリンパの流れが改善した

おかげで顔の健康も取り戻すことができたということです。

 

 

顔の表情筋も使わないと衰える

顔にも筋肉があります。

 

表情筋と言って笑ったり、

話したり、怒ったりした時に動かす筋肉です。

 

そのため、よく笑う人には「笑いジワ」が、

よく不愉快になったり、怒ったりする人には、

「眉間のシワ」ができたりします。

 

つまり日頃の表情の癖が

顔に歴史として

刻まれるのです。

 

では逆に表情をあまり変えない人はどうでしょうか。

表情を変えない人は表情筋をあまり使っておらず、

筋肉が衰えて垂れていきます。

 

その結果、口角が下がってほうれい線が深く刻まれたり、

目の下にたるみができてシワができたりします。

 

顔の表情を普段動かす仕事をしている人と、

全く動かさずに仕事をしている人とでは

表情筋の弾力も違ってきます。

 

仕事内容によって顔の表情を使うかどうかは異なるので

無理にその運動量を変えることは難しいですよね。

 

自分でできることは、仕事の休み時間にできる

「顔体操」

や帰宅後に行う顔マッサージや

顔体操ではないでしょうか。

 

顔マッサージのやり方にもいろいろありますから、

自分でする顔マッサージと、

エステでする顔マッサージ、

そして鍼灸接骨院で行う顔マッサージでは

それぞれ違う効果が表れることになります。

 

 

顔には30以上の筋肉がありますから、

筋肉をきちんとほぐしてあげなければなりません。

 

血流やリンパの流れが悪くなると

余分な水分や老廃物が溜まって、

むくみ・たるみの元となったりします。

目的に合わせた顔マッサージを選択し、

顔の健康を取り戻すことをまず念頭におきましょう。

 

自分での顔マッサージに限界を感じたら、

 

専門機関に相談すると良いでしょう。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket