ブログ
- 美容鍼で加齢と共に重たくなるまぶたのたるみを解消 -
10月 22, 2017 3:27 pm

 

第一印象を決めるのは、

ずばり目元である

 

 

あるアンケートで

 

「顔の印象を決める

パーツはどこですか?」

 

という問いに対して、

 

実に8割以上の人が「目」と答えた調査結果があります。

 

人と会った時、いちばん最初に視線がいくのはやはり顔です。

また、目元は顔のなかでも特に年齢が出やすい部分です。

 

そのため、私たちは無意識のうちに若いかどうか、

目を見て判断していると言います。

 

顔だけでなく、

その人全体の印象を左右する重要な部分なんですね。

 

たるんだまぶた、老け顔を作る要因になっています。

 

 

 

昔に比べて「まぶたが重くなった」

「目が小さくなった気がする」と

思ったことはありませんか?

 

 

自分の顔に老いを感じてしまうと、

化粧をするために鏡を見るのもイヤになってしまいますよね。
顔は身体のほかの部分と比べても筋肉がたるみやすく、

シワやしみなど老化が顕著に現れる部分です。

 

まぶたが下がって疲れた目元は、

実際の年齢以上に老けた印象を与えるばかりか、

 

ひどくなると視界が狭くなり

日常生活にも支障をきたす場合があります。

年を取るとまぶたがたるんでしまうのはなぜでしょうか?
お肌の弾力性は、

皮膚の真皮にあるコラーゲンや

エラスチンによって保たれています。

 

加齢によってこれらの成分が減少すると、

お肌のハリが失われて顔全体がたるんでしまうのです。
また、顔の筋肉が衰えて

重力で下がることも原因の1つです。

 

 

まぶたのたるみ、解消するには?

まぶたのたるみは、

目尻のシワにつながったり見た目年齢を大きくあげたり、

良いことは1つもありませんよね。

 

なんとか改善したいものです。

 

目元を中心とした顔のたるみは、

ちょっとしたことで

引き締めることができるって知っていましたか?

 

 

○顔の筋肉を動かすエクササイズをする
○バランスの取れた食事をする
○夜更かしをしないで、

良質な睡眠を取れるよう心がける
○PCやスマホを長時間見ないようにする
○きれいな姿勢を保つよう意識する

 

 

このように、

基本的な生活習慣を

見直すだけで効果が期待できます。

 

 

即効性を求める人は、

美容鍼を検討してみてはいかがでしょうか?

 

美容鍼で顔のツボを刺激すると筋肉に柔軟性が戻ります。

 

筋肉がやわらかくなると、血液の循環が良くなります。

 

新陳代謝が活発になり、

老廃物や目の周りにある余分な水分を排出してくれます。

 

すっきりとした目元になって、

お肌のトーンが一段明るくなったと実感できるでしょう。

 

 

顔に鍼を打つってこわいな、

と思う人もいるかもしれませんね。

 

しかし、施術に使用する鍼は直径0.10mm、

髪の毛ほどの細さで

痛みを感じることはほとんどありません。

 

ほかにも疑問や不安に思うことがあれば、

なんでもご相談くださいね。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket