ブログ
- 毎日の肌の手入れと美容鍼 -
10月 18, 2017 6:00 pm

 

お肌はどうやって作られる?

透き通るような透明感、ぷるぷるでハリつやがあること、

赤ちゃんのようなモチモチお肌・・・

美しいお肌を形容する言葉はたくさんありますが、

どれも魅力的ですよね!

 

美人のお肌はたいていきれい、

と言っても過言ではないくらい、

美の基準となる重要な要素です。

 

 

それでは、お肌がどのように作られているか知っていますか?

 

まずは、

皮膚の構造

から見ていきましょう。

 
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から成っています。

 

そのなかの表皮は、外側から順に

角質層、顆粒層、有棘層、基底層と4層構造でできています。

 

基底層で作られる細胞は形を変えながら、

表面に上がっていき角質層からはがれ落ちてアカとなります。

 
これがお肌の新陳代謝で、ターンオーバーと呼ばれています。

身体の部位によって差がありますが、

だいたい1サイクル28日周期となっています。

 
このように、お肌のもととなる細胞がつねに作られているので、

表皮が傷ついても新しいお肌に生まれ変わることができるのです。

 

 

お肌によいことをしよう!

しかし、加齢によってターンオーバーの周期が乱れると、

新しいお肌が作られずに古い細胞が表面に残ったままとなります。

 
正常な周期でターンオーバーが行われるためには、

お肌の新陳代謝を促し、

お肌にとってよいことをする必要があります。

まずは、身近なところから普段の生活を見直してみましょう。

 

 

○食事

私たちの身体は、当然のことながら

すべて私たちが食べたものでできています。

お肌によい食材を積極的に食べることで、

必要な栄養を摂りましょう。

 
特に

○睡眠

食事とともにお肌にとって大切なのが睡眠です。

 

現代は、TVやパソコン、スマートフォンの普及で

夜更かしをして睡眠が妨げられてしまうケースもよくあります。

 

就寝1時間前には画面を見るのをやめましょう。

 

そうすることで、睡眠への悪影響を避け、

質の高い深い眠りにつくことができます。

 

 

美容鍼で肌質改善できるの?

鍼灸の治療院で受けられる美容鍼、

徐々に広まっていますが知っていますか?

 

美容鍼で、肌質を変えることはできるのでしょうか?

 

 

美容鍼とは、

顔のツボを鍼で刺激することで血行をよくして、

 

人間が本来持っている力を呼び覚ますものです。

 

お肌は第2の排泄器官と表されるほど、

 

内臓に不調があった場合はお肌が荒れたり、

ニキビができたりと、内臓の調子がストレートに現れます。

 

内側に直接働きかけ身体の調子を整えることが

体質・肌質の改善につながり、

健康的な美しさを手に入れることができるのです。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket