ブログ
- 「顔がこけてきた…」と思ったら美容鍼 -
10月 16, 2017 5:54 pm

 

顔がこけやすい人には特徴がある?

 

 

顔がこける、というのはあまりよい響きではありませんよね。

若々しさを保ったままで小顔になることは嬉しいですが、

ほおがこけてしまうと、やつれて老けた印象を与えてしまいます。

 

女性なら誰しも、避けたいことです。

 

 

さまざまな体型、体質の人がいますが、顔がこけやすい人、

こけにくい人がいるって知っていましたか?

 

実は、

顔がこけやすい人にはやせ型である

 

という特徴があります。

 

 

顔にぜい肉がつかない体質で皮下脂肪が少ないと、

ほおがこけやすくなります。顔型としては卵型で面長、

ほお骨が張っている人がこれに当てはまります。

 

反対に、丸顔の人は顔の肉付きがよいため、

ほおがこけることはあまりありません。

 

 

顔がこけてしまう原因はなに?

 

 

顔がこけてしまう原因は体質や体型によるものだけではありません。

 

ほかにも、次に挙げるものが要因として考えられています。

 

 

○ストレス

過度のストレスによって

笑うことが少なくなる=無表情になる

ことが多くなります。

 

すると、表情筋を動かすことが必然的に減ります。

使われなくなった表情筋が衰えると、

顔がこけてしまうことにつながります。

 

○老化

加齢により、

お肌の水分量が減ってくると弾力性が失われます。

ハリがなくなると内側から押し上げる力が働かなくなるので、

顔がこけてしまいます。

 

 

○歯の治療

意外かもしれませんが、

歯の治療でも顔がこける場合があります。

 

虫歯や親知らずを抜いたとき、

もう片方(治療してない健康な歯)で

食べ物をかむ機会が多くなります。

 

表情筋の発達に左右で差ができるので、

使われない片方がこけてしまうのです。

 

 

ふっくらしたほおを取り戻すには?

 

ほおがふっくらとして丸みを帯びていると健康的ですよね。

また、実際の年齢よりも若く見える効果があります。

それでは、こけてしまった顔をもとに戻せるのでしょうか?

 

 

○表情筋を鍛えること

衰えてしまった表情筋を鍛えて、

ほおの位置が上げることがポイントです。

 

 

顔のリフトアップができる

エクササイズ

を紹介します。
口の中に空気をためて、両ほおをふくらませます。

肩ほおを手のひらで強めに押します。

ほおの内側から手のひらを押し返すように力を入れます。

その状態で20秒キープします。反対側のほおも同様にします。

 

これを1セットとして、合計3セット行ないます。

 

 

○お肌のハリを回復させること

老化によって失われたお肌のハリ、

弾力性を取り戻すには美容鍼が有効です。

 

お肌の生成には、コラーゲンやエラスチンが

重要な役割を果たしています。

 

美容鍼では、顔に鍼を打って

直接刺激を与えることができるので、

アンチエイジング効果を実感できます。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket