ブログ
- 美容鍼のアンチエイジング効果とは? -
9月 30, 2017 1:04 pm

 

アンチエイジングとは?

 

女性では40代になると、早いと30代に入った頃から、

自分自身の老化について気になりはじめる人もいるのではないでしょうか。
アンチエイジング、という言葉はいまや広く知られているもので、

「年齢に反抗する?逆らう?」となんなくイメージできるかもしれません。

 

老化防止を意味する単語で、日本語では

「抗加齢」「抗老化」

と訳されます。

 

加齢によってできるシミやシワ、

筋肉や骨の衰えなどを完全に止めてしまうことはできませんが、

老化のスピードをゆるやかにすることはできます。

 

例えば、実年齢が80歳になったとき、

60歳の身体年齢で過ごせるようにしよう、という考え方です。

 

 

老化の原因

それでは、お肌や身体を老けさせる原因とはなんでしょうか?

 

 

○酸化

体内に侵入した細菌やウィルスなどを退治するとき、

活性酸素が発生します。

この酸素が過剰になると身体が酸化してしまい、

シワやたるみ、シミの原因となります。

 

 

○ホルモン

若さを保つために必要な成長ホルモンや甲状腺ホルモンは

年齢を重ねるにつれて減少します。

また、副腎皮質ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなどの

老化を促進するホルモンは、加齢とともに増加します。

 

 

○精神面

喜び、悲しみ、怒りなど私たちにはさまざま感情があります。

これらのバランスが崩れてやる気や生きがいを失うと老化は一気に加速します。

 

 

めざせ!アンチエイジング

 

アンチエイジングとは、確実に効果がある方法で、継続することが大切です。

まわりから、なぜあの人は老けないの?とウワサされるような人をめざしましょう!

 

 

○適度な運動

過剰な運動は活性酸素を発生させますが、適度な運動であれば代謝を正常にし、

病気やアンチエイジングに良い影響を与えます。

体内の機能は使われないと、どんどん失われていきます。

体力を維持するためにも、運動を習慣にしましょう。

 

 

○ストレスをためない

ストレスは身体を酸化させ、脳の機能を低下させることがわかっています。

うつ病を発症すると、脳内にある神経伝達物質の流れが悪くなりますが、

司令塔である脳の調子が狂うと身体の老化も招いてしまいます。

 

 

○食生活の改善

食べる順番を守ることが大切です。血糖値が急激にあがるのを防ぐために、

食物繊維→たんぱく質→炭水化物の順に食べましょう。

 

また、納豆などの発酵食品、カルシウムが豊富な小魚など、

身体に良いものを積極的に摂りましょう。

 

 

○美容鍼

顔にあるツボに美容鍼を刺して血流を良くします。

硬くなった筋肉に刺激を与えることで美しいお肌をよみがえらせてくれます。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket