ブログ
- 台風時のゆらぎ肌と美容鍼 -
9月 16, 2017 3:33 pm

 

台風の時に気を付けたい

“ゆらぎ肌”

 

台風の時に、お肌が敏感になって

トラブルに悩まされたことってありませんか?

 

台風などの環境の変化にお肌が対応できずに一時的に敏感肌になり、

引き起こされるさまざまな症状。それって、

もしかしたら“ゆらぎ肌”かも知れませんよ。

 

“ゆらぎ肌”の症状

 

○乾燥してお肌の表面がかさかさになる
○いつもの化粧水等をつけた時等に、ピリピリしたり、

後でかゆくなったりする。
○何もしていなくても痒みがある
○肌荒れしやすい
○ハリがない

 

 

“ゆらぎ肌”になってしまったら

 

一旦ゆらぎ肌になってしまうと、お肌が敏感な状態にあるので、

いつもは何でもないことに強い反応が出たりします。
洗顔では、お肌の成分に近い「弱酸性」のものを使ってみると、

反応が沈静化するかもしれません。

 

勿論、お肌の状態が落ち着くまで、あまり熱いホットタオルの使用や、

 

10分以上かかる長時間のパックは避けた方が無難でしょう。
とにかくお肌になるべくストレスとなることや

負担を避けるのが一番大事なことです。

 

洗顔時の水の温度も冷たすぎず、熱すぎずがポイントですので、

ぬるま湯で洗顔するようにします。

 

洗顔後は、すぐに保湿することが重要です。
しっかり保湿とお肌に必要な栄養素を十分に補ってあげましょう。

 

保湿もこまめに行うことが大事です。朝と夜だけでなく、

昼間にも2回くらい保湿できるといいですね。

 

 

“ゆらぎ肌”脱却のコツは、

とにかくたっぷり保湿して

 

お肌の真皮層を元気にしてエラスチンやコラーゲン生成を活発にすることです。
ただ、台風時は、気圧の変化等でお肌以外の体の部分にも、

いろいろな症状がでることがあるので体全体の不調をまずは治すことが先決です。
誰もがなり、症状が出やすいのがホルモンバランスの乱れです。

 

最近とても疲れやすい・睡眠をとっても疲れが抜けない等の症状も

ホルモンバランスの乱れが関係していることがあります。
まずは、睡眠時間を確保してゆっくりと休養をとり、

生活リズムを取り戻すことを考えましょう。

 

ホルモンバランスの乱れを是正しつつ、

こまめな保湿でお肌に水分と栄養を補給し続けます。

 

それでも保湿がうまくいっていないと感じたら、

真皮層に届いていないなと思ったら美容鍼の出番です。

 

美容鍼でコラーゲン生成を活発にして気難しい“ゆらぎ肌”を克服しましょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket