ブログ
- 首こりと美容鍼 -
7月 30, 2017 4:10 pm

 

首こりの原因

肩こりとともに、意外と多くの人が悩まされているのは首こりです。

ひどくなると、首だけでなく頭痛や吐き気を感じることもあり、つらいですよね。

どうして首こりは起きてしまうのでしょうか?

 

いろいろな原因が考えられます。

 

○頭を支えているため

頭は人間の身体の中でもっとも重く、平均して5kg程あります。

その重さを支えている首には、日常的に負荷がかかっています。

首の筋肉が緊張して首こりにつながります。

 

○眼精疲労によるもの

パソコン、スマートフォンなど長時間にわたって目を酷使する、

度の合っていない眼鏡やコンタクトを使用する、

など慢性的な疲労が首こりを引き起こす場合があります。

 

○運動不足

日ごろから運動する習慣がなく筋肉を使わない状態が続いていると、

筋肉の緊張が起こりやすくなります。

また、運動不足は血行不良を招きます。

乳酸などの疲労物質が蓄積して、

首周辺の筋肉が硬くなり首こりを発症してしまいます。

 

 

首こりが及ぼす悪影響

首がこっている、と思っても病院に行くほどではないし…とそのまま放置していませんか?

たかが首こり、と甘く見ていると自律神経を乱すおそれがあります。

自律神経とは、

体内の生命維持に係わる神経で、内臓の機能を調整しています。

自律神経が乱れると、頭痛やめまい、冷え症などさまざまな不調の原因となります。

 

それでは、なぜ首がこると自律神経が乱れてしまうのでしょうか?

首こりが起こることでまず影響を受けるのが頭への血流です。

首がこって筋肉が緊張して硬くなると、圧迫された血管は細くなります。

 

首こりは、頭へ流れる血液量を減少させる、と言い換えることができます。

この血流障害が原因となって、自律神経が正常に働かなくなるのです。

 

つらい首こりを治したい!

首こりが進むと痛みを感じることがあります。不快な症状を抱えたままでは、

毎日を楽しく過ごせませんよね。

 

首こりの改善につながる効果的な方法を紹介します。

 

○身体を動かす

ウォーキングやストレッチ、ラジオ体操など身体に負担が少なくて

全身の筋肉をバランスよく使える運動を行ないましょう。

短い時間でも、毎日続けることが大切です。

 

○温める

身体が冷えると筋肉が緊張して硬くなってしまいます。

夏場、エアコンが効きすぎている室内ではカーディガンをはおるなどして、

首まわりを冷やさないよう気をつけましょう。

入浴の際は、38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かることがおすすめです。

 

○美容鍼

自分でできる方法を試してみても思うように治らない場合、

プロの施術を受けてみてはどうですか?

美容鍼でツボを刺激すると血液循環が良くなり、

首こりを解消してくれます。

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket