ブログ
- 美容鍼でおでこのシワを撃退 -
7月 10, 2017 4:28 pm

 

 

おでこのシワができる原因

 

顔のシワの中で、特に目立つのが「おでこのシワ」。

 

おでこのシワは面積の広いところにできるシワということもあり、

しかも視線がいきやすい場所というのもあって目立つので、

気にされている方も多いのではないでしょうか。

一般的にシワは、乾燥や加齢によってできると考えられていて、

若い人にはあまり関係ないように思えます。

 

しかも、おでこのシワともなると、おでこはTゾーンであることから、

むしろ皮脂分泌量が多く、ニキビの心配の方があると思う方も多いのですが、

最近では、年齢に関係なくおでこのシワに悩む方もいます。これは、一概には言えませんが、

ひとつにはTゾーンを意識し過ぎて洗顔で極端に皮脂成分を洗い流し、洗顔後の保湿も十分でなく、

お肌の乾燥を招いてしまっているケースや、屋外でのスポーツやレジャー等で長時間直射日光にさらされて

紫外線をたくさん浴びて肌に負担をかけてしまっているケースもあります。

 

 

表情ジワでもあるおでこのシワ

 

シワができる要因は乾燥や紫外線の負担等だけではなく、

少なからず普段の表情の癖の影響も受けています。

表情を動かす時にできる皮膚の溝がいつも同じ場所だと、

そこがシワとして形成されていきます。いわば形状記憶されてしまうのです。

 

笑った時にできる目尻のシワ等がその例です。

では、表情を動かさない方が良いかというとそうではなく、

表情筋が使われずに衰えてしまうと、やはり肌のたるみを引き起こし、

その結果シワの形成を促してしまいます。

顔全体の表情筋を動かす生活を心がけることと、

おでこについてはやはり保湿ケアを十分にすることとマッサージをすることで予防につながります。

おでこのシワは一度できてしまい長期間放置すると、深く大きなシワになりやすく、

なかなかシワをなくすことは難しくなってきます。

小さなシワの兆候の時に適切なケアを行って、シワを大きくしないことが重要です。

 

できてしまったおでこのシワのケア

 

シワのある・ないに関わらず、全てのお肌に保湿ケアは常に重要です。

そして、保湿に十分気をつけていたにも関わらずできてしまった、

おでこのシワには、まだ細い小さなシワであれば美容鍼という選択肢もあります。

美容鍼にはお肌の真皮層のコラーゲン生成を促進させる働きがあり、

自身のお肌の再生能力を高めるので、シワ部分のお肌の再生力も高めることができます。

あくまで、個人差があり、人それぞれ再生能力には差がありますが自身のお肌の機能を高めるので無駄にはなりません。

結果の出方も人それぞれですが、長期間放置して深いシワにならないうちに手を打ちたいですよね。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket