ブログ
- 正しいパックの方法と美容鍼 -
6月 30, 2017 6:05 pm

 

 

フェイスパックの効能

 

スキンケアの定番のひとつフェイスパック。

肌に貼るシートタイプのものや、クリームのように塗って10分程放置したのち、洗い流すタイプ。

塗って乾かして剥がすタイプ等、いろいろなタイプが出ています。

パックのタイプによってお肌に直接美容成分等を浸透させたり、

余分な皮脂や汚れを浮き上がらせて取り除くことを目的としていたりいろいろです。

お肌の状態と改善目的に合わせた選択で、正しいフェイスパックを行えば、

お肌をその人の持つベストな状態にみずみずしくよみがえらせられます。

お肌の抱える問題や悩みに合ったフェイスパックをすることで、

最大限のお肌の生成能力を引き出し、ハリとみずみずしさを復活させることができます。

 

お肌の悩み別パック方法

 

【乾燥肌が気になる人】

 

保湿成分たっぷりのシートタイプがお奨めです。

シートタイプのフェイスマスクには、ヒアルロン酸・コラーゲン・コエンザイムQ10・セラミド等をたっぷり含ませた、

肌の弾力や張り・保湿効果に特化した商品が数多く出ています。

いずれもシートを貼っている時間が大切です。

5分以上貼っているとシートが乾燥し、逆にお肌から水分を奪う形になるので、

使用方法で決められた時間以上の貼りすぎはマイナスです。貼っている時間には注意しましょう。

 

【脂性肌が気になる人】

 

脂性肌の気になる人には、毛穴の皮脂汚れをすっきり落とす洗顔クリームタイプのパック剤が出ています。

クリームタイプのものを顔に塗って5分~10分間程度たったら、洗顔クリームと同じように洗い流します。

クリームを塗っている間に皮脂汚れなどを浮き上がらせて保湿成分も補い、その後洗顔するものです。

 

パックの形状の違い

 

お肌の状態によってパックの目的もさまざまですが、パックの形状もいろいろあります。

 

「毛穴の汚れを落としたい」という悩みに対応するパックで、すぐに実感しやすいものとしては、ピールオフタイプがあります。

顔に塗って乾かした後に、ぴりぴりと剥がして使用するというものです。

毛穴や古い角質の汚れも落としたいという人には、クレイタイプがお奨めです。

クレイが優しく角質や毛穴の汚れを吸着して落としてくれて、お肌の水分も奪いません。

しっとりとなめらかに整える効果もあります。

 

同じ「毛穴の汚れが気になる人」でも、クリームタイプのものを選ぶ人もいれば、

ピールオフタイプのものを選ぶ人もいますし、クレイタイプのものを選ぶ人もいます。

自身の今のお肌の状態に合ったものを選んで効果的にパックしたいですね。

 

パックにも美白効果等をうたったものがありますが、

美白効果は、短期では結果があらわれにくいもの。

 

気長に続けるしかないのですが、日焼け後の色素沈着が心配・シミができかけているような気がするといった場合には、

肌表面の栄養をいくら補っても、肌の内部で自身の肌再生能力を高めなければお肌は変わっていきません。

お肌の再生能力を活性化させるという意味でも、美容鍼の施術を一度考えてみるのも良いでしょう。

美容鍼の施術によって、真皮層でのコラーゲンの生成を促すことで肌の再生能力が高まり、

シミを薄くするなど期待できる効果がいろいろあるからです。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket