ブログ
- 化粧品に頼らない美肌作りと美容鍼 -
6月 18, 2017 5:25 pm

 

 

美肌作りを担う

基礎化粧品群

 

化粧品の種類にはその機能によって、基礎化粧品とメイク用化粧品とがあります。

基礎化粧品は、肌の機能を整え、健康でキメの揃った美肌作りを目的とした

化粧水や美容液・乳液やクリーム・ジェル等のことを言います。

 

美肌作りのためには、肌を健康に保つことが重要ですが、

そのためには十分な保湿や栄養補給を心がけなければなりません。

 

健康な素肌の基礎として、まず、肌の毛穴の汚れを綺麗にするところから始めなければなりません。

毛穴の汚れは、皮脂汚れや、化粧品のファンデーションの汚れ等があります。

 

一日過ごしたお肌のまずは毛穴の汚れを洗顔でしっかり落としてから、

初めて基礎化粧品によるお肌のお手入れができます。

 

基礎化粧品には、化粧水・美容液・乳液・クリーム・ジェル等がありますが、

化粧水ひとつとっても、美白効果のあるものや、保湿に優れたもの、

コエンザイムQ10やコラーゲンを含むもの、毛穴の引き締め効果のあるものなどさまざまな種類のものがでています。

 

美容液もその分子の大きさから、皮膚の表面での吸収にとどまるものから、

真皮層にまで浸透するもの等さまざまな表記のものがでています。

乳液やクリームも保湿成分を含んだものが多く、ジェルタイプのものは、

それひとつで、化粧水から美容液・乳液・クリーム等何役も兼ねているオールインワンであることをうたったものが多くでています。

 

これらの基礎化粧品群の品揃えや品数の豊富さを見れば、

美肌作りにおいて、いかに基礎化粧品の役割が重要かがわかります。

 

 

 

見た目の肌の美しさを表現する

メイク用化粧品

 

基礎化粧品群で十分なお手入れをして、健康な素肌を手に入れたら、

今度はファンデーションや口紅やアイシャドー等のメイク用化粧品で、

美しいお肌の表現をします。

 

十分な保湿と栄養補給がされているお肌でも、

シミ・ソバカスや、ニキビ等、お肌にはトラブルは皆無とはいきません。

そんな時でも美しいお肌を表現してくれるメイク用品は

手っ取り早い美肌を表現するには便利なものです。

ただ、メイクしてしまうと、シミ・ソバカスもカバーできてしまいますが、

根本的にシミ・ソバカスが消えたわけではないので、

素肌をシミ・ソバカスのない美肌に作りかえて行くためには、基礎化粧品での肌質改善が重要です。

 

 

基礎化粧品で改善できない

肌のシミには

 

さまざまな基礎化粧品を試してみたけれど、

一向によくならないお肌のシミには、もっとお肌の奥の真皮層への働きかけが重要です。

真皮層に届くような小さな分子の化粧水や美容液等はなかなかありません。

ですから、真皮層を刺激してコラーゲン生成を促し、根本から肌質改善することが、美肌作りの基本となります。

この真皮層への働きかけとして有効なのが、美容鍼です。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket