ブログ
- コラーゲンと美容鍼 -
6月 4, 2017 10:43 am

 

 

美肌に重要な役割を果たすコラーゲン

 

皆さん若々しくてきれいな弾力のあるお肌を目指して

日々スキンケアに気を使っていることと思います。

若々しいお肌というのはハリや弾力があり、

くすみのないみずみずしいお肌なのですが、

それはお肌の表面から奥深くの真皮層というところの成分に関係しています。

 

美肌と呼ばれる人のお肌は、

みずみずしくハリや弾力がありますが、

それは肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸のおかげです。

そして、それらの成分を作ってくれているのが繊維芽細胞と呼ばれる部分です。

 

では、

美肌になるには何をすればよいのでしょうか。

 

それはお肌の再生を司る繊維芽細胞で

コラーゲンやエラスチンがうまく生成できて

肌本来が持つターンオーバーの能力が高まれば、

その結果美肌になっていくと考えられます。

 

 

では、繊維芽細胞に元気がなくなると、

どのような状態になるのでしょうか。

 

それは、お肌の弾力や保水能力が落ち、

シワやたるみなどの症状が表れ始めます。

繊維芽細胞は、加齢によっても、また、

紫外線などのダメージによっても衰えてしまうので

年齢に関係なく気をつけてあげることが大事です。

 

コラーゲン生成を助ける美容鍼

 

お肌のアンチエイジングでは、

肌本来の持つ自然治癒能力を高めることが重要ですが、

真皮層でのコラーゲンの生成を促すことで期待できるのが

美容鍼です。

 

髪の毛よりも細い美容鍼で、

肌の真皮層を少しだけ傷つけることで、

真皮層の繊維芽細胞が活発に動き出し、

コラーゲンを増産し始めます。

 

コラーゲンの増産で、

肌はみずみずしくハリと弾力を取り戻すのです。

また、鍼で経穴(ツボ)を刺激することで、

血流やリンパの流れも促しますから、

その影響で老廃物の排出や肌のターンオーバーもうまく作動して、

その結果美肌になるというメカニズムです。

 

 

コラーゲンは食品からも摂取できますし、

サプリメントなども数多くでていますが、

肌全体に良いということで、

体のどの部分の皮膚にうまく作用したのかわかりにくい面もありますが、

美容鍼ですと、顔のどの部分に実際に作用したのか一目瞭然ですから、

結果が目で確認できて確かめられるので嬉しいですよね。

 

いずれも続けることが重要ですから、

1回で際立って違ってくるわけではありません。

地道に努力を続けることで変わってきますから、

その点を分かった上でじっくり取り組みましょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket