ブログ
- 顔のコリには美容鍼が効果的 -
5月 30, 2017 10:02 am

 

顔のコリ

 

顔には30以上もの筋肉があり、

筋肉をきちんとほぐしてあげないで

そのまま放っておくと顔のコリに繋がります。

 

顔の筋肉がこわばり、

血流が悪くなると、

水分や老廃物が血管内に溜まり

目の下のクマができる元になったり、

むくみやたるみの元となったりしますので、

凝り固まった筋肉をほぐすことで

肌の悩みを解消する方法を知りましょう。

 

顔が凝る理由と顔コリしやすい人

 

顔が凝る理由としては、

顔の筋肉を使い過ぎたり、

逆に使っていなさ過ぎたりしてなるものと考えられます。

 

つまり、無表情でいるのも、

ずっと笑顔でいるのも凝りの原因となってしまうと言うことです。

 

 

 

〈顔コリしやすい人〉

○笑顔を絶やさない接客業やアナウンサー等人前に出る職業の人

○日頃表情をあまり変えない人

○目が悪くて、目を細めたりする習慣のある人

○口元をへの字に力を入れて結ぶ癖のある人

 

顔コリ取りのマッサージの方法

 

顔コリを解消するためには、

顔コリ取りマッサージを何種類か習得すると良いでしょう。

 

顔の部位によっていろいろなマッサージ方法がありますので習得しましょう。

顔コリ取りマッサージをすると

小顔効果も期待できるのでしっかり習慣化したいですよね。

 

いずれのマッサージもお風呂の湯船に浸かって

ゆったりとした気分で行うことが効果的です。

〈額のコリ取りマッサージ〉

両手の人差し指・中指・薬指の3本の指にマッサージクリームや乳液などをつけて、

おでこの中心の眉頭の上地点をスタート地点として、

上へまっすぐ3本の指を揃えて滑らせそのまま円を描くようにして、

左右にくるくると螺旋を描くように移動してマッサージします。

こめかみ辺りにたどりつくまで、

くるくると円を描きこめかみでぎゅっと一回押して離します。

これを3回繰り返します。

 

〈目の周りのコリ取りマッサージ〉

目の周りのコリ取りマッサージのコツは、

目の周りの骨に沿ってマッサージをすることです。

目の周りの血行が促されてクマ予防につながります。

両手の親指を、眉頭の下の目の上のくぼみの顔の中央よりの部分に少し強めに押し当てます。

眉頭の下を出発点として眉上骨の下に沿って

横へ顔の中央から外側へ三本の指をセットで軽く押し当て移動させていきます。

これを3回繰り返します。

 

最後に目頭を軽く5回、

こめかみを軽く5回押して終了です。

 

〈小鼻のマッサージ〉

小鼻の両側面に左右両方の人差し指を当てて、

鼻の一番高いところに向かって

軽くはじくようにマッサージします。

小鼻は普段顔の表情にあまり関係しない部分なので、

筋肉を動かすことも少ない部位ですから、

コリともあまり関係がないように思えるかも知れませんが、

顔全体の血流を考えると、

軽く指でマッサージしてあげることが血行促進につながります。

 

〈顎の筋肉のコリ取りマッサージ〉

顔の中で一番筋肉量が多く存在するのが顎です。

顎の血流が良くむくみがとれれば小顔効果にもつながります。

顔が凝っていると、

血流の悪さからむくみがちになりますので、

顎の筋肉のコリ取りは重要です。

両手の親指を頬骨の下に当て、

少し強めに押して頬骨に沿って顔の中央から外側へと移動していきます。

最後に、上顎と下顎のつなぎ目のあたりのくぼみを少し強めに5回押して終了です。

 

 

 

顔の血流改善のためには顔のコリ取りマッサージも重要ですが、

自分では対処できない部分の筋肉もあります。

 

顔には何十ものツボがあり、

筋肉やリンパの流れを司っています。

自分で改善に限界を感じたら、専門機関に相談すると良いでしょう。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket