ブログ
- 顔の歪みと美容鍼 -
5月 28, 2017 4:55 pm

 

 

顔の歪みって?

 

皆さんは、

自分の顔を鏡で見た時に何をチェックしますか?

目の中は充血していないかとか、

なんと言ってもお肌のチェックは欠かさないのではないでしょうか。

 

ニキビはできていないか、

シミは出来ていないか、

シワやたるみがないかなどです。

 

しかし、ふと顔のパーツごとに見ていくと、

「何か変!」と思うこともあるはず。

 

顔が左右対称ではないと感じたことがあると思います。

顔の歪みと捉えることもできます。

 

では、まず自分の顔が歪んでいるのかどうかチェックしてみましょう。

顔の正面からスマートフォンなどで写真を撮ってプリントアウトします。

 

そして、その写真を顔の真ん中で線を引きます。

眉間の間を通って鼻筋を通り顎まで通じる縦の線を引くことと、

眉毛、目の位置、鼻の一番高いところの位置、

口を閉じた時の位置、それぞれに横線を引いていきます。

 

 

そして、横線が平行で高さや位置が合っていれば、

顔の歪みは比較的少ないと言えます。

 

逆に、縦線が斜めだったり、

横線が平行ではなく、

左右どちらかが上がっていたり、

下がっていたりした場合は、顔に歪みがある状態と言えます。

顔の歪みがなぜ起きるかと言えば、

顔の筋肉のこわばりや緊張が原因です。

ずっと笑顔でいなければならないアナウンサーや接客業の人や、

スポーツなどで、歯を食いしばることの多い競技の場合、

左右均等に力が入れば良いのですが、

比較的どちらか一方だけ力が入ってしまうことが多いようです。

 

 

骨格までは治せないけど筋肉の緊張はほぐせる美容鍼

 

 

顔の歪みが骨格なら、

美容鍼で対処できる範疇を超えてしまっていると言えますが、

筋肉の緊張により、こわばってしまって、

左右どちらか片方に力が入り歪んでしまっている場合、

美容鍼の施術が有効に効いてきます。

 

 

顔の歪みを作る原因となる行動

 

○椅子に座る時、同じ方の足ばかりを組んでしまう。

○猫背になってしまう。

○鞄を同じ方の肩にかけて持つ

○同じ方ばかりで頬杖をついてしまう癖がある。

○食事の時、左右の奥歯の使い方に偏りがある。

同じ方の奥歯ばかりを使って噛む癖がある。

 

以上のような日常生活で左右どちらかに偏りのある行動が、

知らず知らずのうちに、顔の歪みを引き起こしていることは否めません。

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

美容鍼について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket