ブログ
- 美容鍼で大人ニキビを改善 -
5月 18, 2017 4:22 pm

 

 

美肌になるには、

まずは大きな肌トラブルは回避したいですよね?

 

特に、

 

 

ニキビ

は治った後も跡が残って色素沈着を起こしたりして

シミの元になりかねませんから、

なんとしても跡が残らないように

悪化する前に綺麗に治したいです。

 

 

ニキビは、

思春期にできるものと、

大人になってからできるものがあります。

 

どちらも、

ストレスやホルモンバランスの乱れ、

食生活の乱れからくる

皮脂分泌過多など原因はほぼ同じです。

 

また、意外にも、

お肌の乾燥も原因のひとつとなっています。

 

肌が乾燥することによって、

硬くなった角質が毛穴に詰まったり、

バリア機能が低下してアクネ菌が

繁殖しやすくなってニキビができたりします。

 

食生活では、

ビタミンCやA、E等を積極的に摂り、

繊維質を多く含む野菜を摂ることで

便秘を防ぐことが大事です。

胃腸の不調が顔の皮膚ででやすいからです。

 

 

 

ニキビ対策の基本は洗顔

 

大人ニキビを防ぐには、

何より一番洗顔が大事です。

 

毛穴の皮脂汚れや古い角質を取り除いて

スッキリさせておくことが大事です。

 

特に一日の終わりの夜の洗顔は、

その後の睡眠時間中の肌の再生にも影響しますから、

しっかりおこなうことが大事です。

 

肌のターンオーバーがうまくいけば、

自然にニキビも治ったり改善します。

 

 

睡眠時間の工夫

 

睡眠をとる時間の中で、

夜の22時~午前2時の間に熟睡をする事は、

疲れが一番取れやすく、

自律神経が整い、

成長ホルモンの分泌で肌のターンオーバーが

正常に行われるなど良いことばかりです。

 

成長ホルモンの分泌により、

肌の奥底にある基底層から

新しく潤いに満ちた肌細胞が生まれて

約4週間をかけて肌表面に押し出されて来ます。

 

しっかり寝ているのに

肌の状態が優れないという場合は、

約4週間前に睡眠不足ではなかったか

どうか振り返ってみましょう。

 

 

肌の再生を助ける真皮層のコラーゲン

 

肌の再生には、

コラーゲンが不可欠ですが、

このコラーゲンは年齢とともに減少していきます。

 

そして減少しているコラーゲンの生成を活発にしてくれるのが、

美容鍼の刺激です。

 

美容鍼で真皮層に傷をつけることで、

肌本来の持つ再生能力を高めコラーゲンの生成を助けるからです。

 

肌の再生能力が高まれば

自然と大人ニキビも改善するでしょう。

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

筋肉・ツボ・皮膚・靭帯に直接アプローチできる

美容鍼の施術を行っております。

 

せっかく美容鍼で即効性を感じていただけても、

効果が長続きしなければもったいないです。

 

美肌のための睡眠サイクルを

見直してみるのはいかがでしょうか。

 

美容鍼について

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket