ブログ
- 老け顔になる原因と美容鍼 -
5月 14, 2017 12:15 pm

加齢によって顔にも老化現象が現れますが、

若くても老け顔に見られる原因があります。

 

女性にとって、実年齢よりも老けて見られるのは嫌ですよね。

 

そのためには、

きちんとケアして老け顔に見られない様に

原因を作らないことが大事です。

 

では実際どんなことが老け顔に見られる原因となっているのでしょうか。

 

 

【目の下のクマ】

貧血ぎみの人や冷え性の人は

ホットタオルで目を温めたり、

目の周りのマッサージで血流を促進させましょう。

 

むくみも生じている場合は、

塩分や水分の摂りすぎに注意しましょう。

 

【頬のたるみ】

加齢とともに、

重力に逆らえず、

脂肪や皮膚は下に下がっていきます。

 

表情筋の衰えも影響して顔のお肉は自然とたるみがでてきます。

 

たるみによって、

ほうれい線や二重顎の出現など、

老け顔要因のオンパレードが始まります。

 

【シワ】

加齢によって、また乾燥により、

皮膚のコラーゲンやエラスチンが減ると、

表情ジワが消えずに深いシワとなっていきます。

 

シワも老け顔要因の1つですよね。

 

【シミ】

油断できないのがこのシミ。

 

シミは若くても、

紫外線の刺激でいくらでもできます。

 

メラニン色素が作られて、

皮膚表面に押し上げられ、

 

古い角質と一緒に剥がれ落ちれば

シミにならずに済むのですが、

 

時にターンオーバーがうまく行かず、

 

メラニン色素が蓄積され

沈着してしまうとシミになります。

 

 

【フェイスラインの崩れ】

フェイスラインは、

若い時はお肌の張りがあり、

 

顎のラインもシャープですが、

加齢とともに余分な脂肪が付き、

 

表情筋も衰えてくるところから

徐々にフェイスラインの崩れが始まります。

 

スマホを長時間下を向いてみていたりすると、

すぐに二重顎が出現します。

 

これを繰り返すことで、

あごの下の肉がたれて二重顎が常在化してしまいます。

 

老け顔にならないためには?

老け顔にならないためには

日常生活の中の姿勢や動作を気をつけるのは勿論、

食生活で体の中からサポートし、

 

リンパマッサージやエステ、

ツボ刺激・美容鍼などで

外からケアするのもとても大事なことです。

 

内臓が元気に活発に動いてくれること、

腸内環境が良いこと、

 

皮膚の水分量があり、

 

ハリのあること、

筋肉を鍛えること、

すべてがうまく作用してこそ

心身ともに健康な美しさを維持できるのです。

 

 

老け顔にならないためには、

皮膚だけでなく、

健康そのものが大事であることを忘れてはいけませんよね。

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

⇒⇒⇒美容鍼についてはこちらをご覧ください。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket