ブログ
- 前歯と美容鍼 -
5月 12, 2017 11:32 am

 

 

 

 

 

 

ほうれい線が気になる…

 

 

 

お顔のアンチエイジングを考える時に、

 

必ずと言っていいほどテーマになるほうれい線。

 

 

 

 

 

 

ほうれい線があるだけで

見た目年齢が上がって見えるので、

 

若々しさを追い求める女性にとっては

 

 

 

大敵とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

実際に美容鍼の施術をご希望されるお客様の中でも、

気になる部分の上位にランクインします。

 

 

 

 

最近では顔のヨガなどによる

 

表情筋のストレッチ&トレーニングで、

 

 

ほうれい線を改善する方法も出てきています。

 

 

 

 

 

表情も筋肉からなっていますので、

 

 

体のトレーニングをするように

表情のトレーニングをすることは、

 

 

大変有効な手段です。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし表情のトレーニングは、

 

鏡を見ながら行わなければ難しいものや、

 

 

 

 

習得するまで教わらないと

正しいトレーニング方法がわからないものもあり、

 

 

 

手軽に行うには

少し骨が折れる一面もあることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

今回はガムを噛むだけの、

 

とっても簡単にほうれい線を改善する

方法についてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

前歯でガムを噛む

 

 

 

皆さんはどんな時にガムを噛むことが多いですか?

 

 

 

 

あまりガムを噛む習慣のない方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

奥歯で噛むタイミングと

前歯で噛むタイミングを自分でコントロールできるので、

食後の数分にお顔のエクササイズとして

取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

現代の食事は、

 

昔の食事ほど咀嚼を必要としない内容になりがちで、

 

咀嚼の回数は慢性的に足りていないと言われています。

 

 

 

 

 

 

その不足している咀嚼回数を補う意味でも、

 

食後のガムは有効な手段の一つになります。

 

 

 

 

 

 

そしてせっかくなので、

奥歯から前歯まで全ての歯を使って

噛むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

奥歯を使い過ぎるとすり減り、

 

顎を支えられなくなるので

だんだん顔が後ろに倒れてきます。

 

 

 

 

 

 

 

そのままだと不便なので

視線を合わせるために首を前傾させ、

猫背のような姿勢をするようになります。

 

 

 

 

猫背になると顎の周りに締まりがなくなり、

全体的にたるんだ印象を与えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで意識的に前歯で噛むことで、

猫背の予防にも繋がります。

 

 

 

 

 

そして前歯で噛もうとすると

必然的に口の周りにギュッと力が入るので、

 

 

普段使わない口の周りの筋肉を

効果的にトレーニングすることになります。

 

 

 

 

 

 

 

即効性はありませんが、

 

長いスパンで口の周りの筋肉を使うことで、

ほうれい線の改善に効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

全身のバランス整体から

アンチエイジングに適した美容鍼まで、

 

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

 

 

ほうれい線はシワの仲間で、

 

笑った時にできる皺が

形状記憶されて深く刻まれていきます。

 

 

 

 

 

トレーニングである程度の改善はできますが、

 

できてしまったシワに

ダイレクトにアプローチするには

美容鍼による直接的な刺激というのも

有効な手段です。

 

 

 

 

 

 

美容鍼について気になる方は

コチラの詳細をご覧いただき、

お気軽にお問合せくださいませ。

 

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket