ブログ
- 正しいクレンジング方法と美容鍼で美肌を作る -
5月 10, 2017 11:27 am

 

 

 

 

 

 

美肌の基本は日々のメイク落としから

 

 

 

 

お肌のお手入れの基本は、

 

なんと言っても毎日のお化粧落としから始まります。

 

 

 

 

 

メイク汚れをいかに肌に負担をかけずにしっかりと行い、

 

洗顔で毛穴の皮脂汚れもすっきりさせてからでないと、

 

いくら良い成分を含んだ化粧水でも美容液でも、

 

きちんとお肌に浸透しません。

 

 

 

 

 

 

そのくらい、

毎日の終わりのメイク落としは重要なのです。

 

 

 

 

しかし、重要だからと言って

時間をかけすぎるのはよくありません。

 

 

 

 

 

クレンジングの時に使うクレンジング剤は

お肌にとってやさしいものではないので、

 

 

時間をかけるとお肌に負担をかけてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

クレンジングは、

丁寧にしなければいけませんが、

 

なるべく短時間で済ませることが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しいクレンジング方法とは

 

 

 

◇ポイントメイクは先に落とす

 

 

 

 

目や口などのポイントメイクと呼ばれる部位は

先に落とすことが基本です。

 

 

 

 

 

 

まず、マスカラやウォータープルーフのアイライナーや

アイシャドウをクレンジング剤をつけた手で

優しくなでて汚れとなじませお湯で洗い流します。

 

 

 

 

 

ゴシゴシこすらず、

 

やさしくなでて落としましょう。

 

 

 

 

 

クレンジング剤の量は少なすぎると

肌に負担をかけるので汚れを

十分なじませることのできる量をのせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◇TゾーンとUゾーン

 

 

ポイントメイク落としが終わったら、

比較的皮脂の多いTゾーンのクレンジングをします。

 

 

 

 

 

Tゾーンとはご存知の方も多いと思います。

 

 

おでこから鼻の部分のことです。

 

 

 

額部分は横ジワのある人はその部分の汚れも

しっかり落とさなければいけません。

 

 

 

 

小鼻の部分は、

 

 

毛穴が詰まって黒い点々が出来、

 

最近「いちご鼻」なる言葉も

出現するほど難題を抱える部分です。

 

 

 

 

 

 

 

クレンジングの胆は、

 

この小鼻のクレンジングと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Uゾーンは、

 

お顔の最も広範囲の部分。

 

 

 

 

 

頬から顎にかけての部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この部分の難点は、

 

 

顎の皮脂です。

 

 

 

 

 

 

ポイントメイク落としで、

 

落としたつもりの口紅がまだ残っていないか、

 

 

 

 

しっかり確認してまだ唇の縦ジワなどに口紅が残っていれば

この時ついでに落とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくクレンジングで大切なことは、

 

 

メイク汚れを絶対に残さないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、メイク汚れを落としたら、

 

 

クレンジング剤と皮脂汚れを洗い流して

すっきりさせる洗顔をしっかりします。

 

 

 

 

 

 

 

この洗顔が最後の仕上げとなりますので、

 

 

しっかり泡立てた洗顔料でふわっとした

泡全体で顔を包み込むようにして洗います。

 

 

 

 

 

 

洗顔後、柔らかいタオルで水分を適度にふきとったら、

 

 

そこから初めて化粧水や美容液などの

お手入れが始められる状態になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

美肌作りをしようと思ったら、

 

クレンジングってそんなに大事だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

 

全身のバランス整体から、

 

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

 

美容鍼について、

気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket