ブログ
- 汗と美容鍼 -
4月 30, 2017 10:09 am

 

 

 

 

肌トラブルをどうしたら予防できる?

 

 

 

 

季節の変わり目には

 

肌のトラブルが多くなるという方も

 

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

いつもと同じお手入れをしていても、

 

 

外気の温度差や、花粉、湿度の変化など、

 

 

日本の四季は肌を一定の状態に保つのが

難しい気候とも言えます。

 

 

 

 

 

スキンケアがしっくりこない・・・

 

 

そんなときは肌に補うことから一歩離れて、

 

 

 

内側から出す美肌作りに

 

目を向けてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

発汗による美肌効果

 

 

・肌の表面を弱酸性に保つことができる

 

 

 

美肌を考える上で切っても切り離すことができないのが、

 

新陳代謝すなわちターンオーバーです。

 

 

 

 

 

肌表面の不要になった角質層が剥がれ落ち、

 

 

次の健康な角質層に交代していくターンオーバーは、

 

 

実は弱酸性の環境でのみ正常に機能します。

 

 

 

 

 

 

汗をかかないでいると、

肌の表面が弱酸性から中性寄りになり、

 

古い角質層が剥がれ落ちていきません。

 

 

 

 

 

 

このように保湿力の低い角質層が

肌の最前線に残っていると、

 

 

バリア機能も低下するので肌荒れをおこしやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

・老廃物を排出できる

 

 

汗と一言で言っても、

 

汗には汗腺から出るサラサラの汗と、

 

 

汗腺と皮脂腺から出る

じんわりとした汗では排出する物質の種類が違います。

 

 

 

 

 

 

夏にかく汗のようなサラサラの汗は、

 

体内の水分やミネラルが排出されていきますが、

 

 

 

 

 

皮脂腺に残っている老廃物は

 

積極的に排出されていくわけではありません。

 

 

 

 

 

 

逆に、入浴時などにゆっくりじんわりとかく汗は、

 

 

皮脂腺が開き老廃物が排出されやすくなるので、

 

 

 

デトックス効果が高いと言えます。

 

 

 

 

 

 

・活性酵素を除去できる

 

 

 

老廃物とともに、

 

 

老化を早めるヒロドキシルラジカルという

 

活性酵素も排出されていきます。

 

 

 

 

この活性酵素はシミやシワ、

 

 

乾燥によるたるみなどの原因となることがわかっており、

 

 

 

汗をかくことで老廃物を排出するとともに、

老化を防ぐことにも繋がります。

 

 

 

 

 

汗をかいた後は

 

 

汗に含まれるミネラルは、

雑菌の大好物です。

 

 

 

 

 

 

汗をかいた後は清潔に洗い流し、

 

十分に保湿することを忘れないようにしましょう。

 

 

 

肌への保湿と同時に

体内へ十分な水分補給を行います。

 

 

 

 

 

 

肌のトラブルがなかなか改善しないという方は、

 

入浴や運動、ヨガやピラティスなどで

 

じんわりとした汗をかくように意識することで、

美肌への道が開けるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

やすだ鍼灸接骨院では、

全身のバランス整体からアンチエイジングに適した美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

 

 

 

美容鍼の効果を長く実感していただくためにも、

肌の土台作りは大切ですね。

 

 

 

 

美容鍼について気になる方は

コチラの詳細をご覧いただき、お気軽にお問合せくださいませ。

Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket